大阪住之江の洋菓子教室

ブログ

アクセスマップ

お問合せ

ホーム

コンセプト

レッスン

教室の流れ

英国菓子・欧州菓子ギャラリー

英国菓子年間メニュー

ニュース&メディア

概要

blog/diary

砂古玉緒の英国ツアーご参加の皆様の会
「ビクトリア会」の第四回目。
大阪中の島の「レストラン ヴァリエ」にて開催されました。

ツアー三回目を迎える今年のツアーに 初ご参加予定の方々も加わり、
一回目からの皆様と共に楽しい時間を過ごしました。

全国にちらばる皆様の会なので、
次回の幹事様のいる都市で?さて次の開催は日本のどこなのでしょうか。
今回の幹事様ありがとうございました。次回の幹事様楽しみにしています!
宜しくお願いします♪

「レストランヴァリエ」
美味しいフランス料理を堪能致しました。
鉄瓶からのスープは絶品。

 

IMG_4413

 

 

 

 

 

 

IMG_4384

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4410

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4387

 

 

 

 

 

 

IMG_4380

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4404

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4393

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツアーの説明会でお会い致しましょう。

 

 

 

 


ロンドンのコベント・ガーデンにやってきました。
みなさま自由行動で、それぞれに好きなところへ~

 

ここは、いつきてもにぎやか。
ストリートアーティストやジャグリングもあるし。
音楽も聴ける。たのしい~時間が過ごせるところ。

 

P1510164

 

 

 

 

 

 

 

 

P1510154 P1510155

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1510166

 

 

 

 

 

 

 

 

P1510152 P1510150

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オペラや室内音楽も聴けるかも。

P1510153

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飛び立つ時間が迫ってきました!
またイギリスに来ることを約束して。

 

P1510171

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_8288

ヒースローへ向かうバスで、旅の思い出と感想をおひとりづつ。
皆様に助けられて、素敵な旅となりました。
感謝の気持ちでいっぱいです。

 

イギリスのお菓子と紅茶を巡る旅
スコットランド~ロンドンまで 縦断しました。
お天気に恵まれ、その土地それぞれにイギリスを深く感じるものがありました。

皆様にとって良い旅だったことを願いつつ。
ご参加頂きました皆様 ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 


2015年6月25日  3:03 AM |カテゴリー: 「2015イギリス菓子とティールームを巡る旅」

ロンドンのトワイニング本店

テムズ川からほど近い王立裁判所の斜め前にあるトワイニング本店。
2006年に創業300年を迎えここで営業を続けています。




店内は、奥深く両側に紅茶が並んでいます。
日本未発売のものもあるとか。英国王室御用達のトワイニングの紅茶を求めて多くの人が来ていました。

店の奥は博物館になっていて、紅茶の歴史を見ることができます。

またテイスティングコーナーもあって、
好きな紅茶を試飲できます。

今回は、トワイニングのダージリン春摘み ファースト・フラッシュを
試飲させて頂きました!

 

P1510106

 

 

 

 




 

 

P1510109

 

 

 

 

 

 

 

P1510113

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1510108

 

 

 

 

 

 

 

 

P1510116

 

 

 

 

 

 

 

P1510118

 

 

 

 

 

 

 

P1510121

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1510123

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1510125

 

 

 

 

 

 

 

P1510126

 

 

 

 

 

 

 

 

P1510134

 

 

 

 

 

 

 

 

P1510141

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1510145

 

 

 

 

 

 

 

 

P1510137

 

 

 

 

 

 

 

 

P1510147

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トワイニング本店
紅茶好きな方には とてもおすすめの場所です!

 

 

 

 

 

 

 

 


最終日。
今日の夕方にはヒースローを発つという最後のにもアフタヌーンティ!です。

BB Afternoon Tea

特別に 朝の時間にチャーターして、
貸し切りのダブルデッカーとなりました。

10:00スタート!
ロンドンアイの前から出発です!!

今日も快晴!お天気に恵まれるツアーです。

P1510001

 

 

 

 

 

 

 

 

P1510003

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




 

バスがやってきました~~~
真っ赤な古いタイプのダブルデッカー
ドアもないのです。


P1510011

 

 

 

 

 

 

 

 

P1510018

 

 

 

 

 

 

 






さあ乗り込んで!
2階に上がってアフタヌーンティパーティのはじまりです!!

テンションマックス!

 

タルト・カップケーキ・マカロン・シュークリーム・レモンメレンゲパイ
ミニバーガー・サンドイッチ・カナッペ

スコーンも後で出てきました!クロテッドはロダス。

紅茶は、滑り止め加工の特別カップで!
これがラブリーなので、購入して連れて帰ってきました~

 

P1510033

 

 

 

 

 

 

 

P1510020

 

 

 

 

 

 

 

 

P1510029

 

 

 

 

 

 

 

 

P1510045

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1510057

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

座ると紅茶とお菓子が出てきて!

テムズ川も見えてきました~~

外もみましょう~~

 

P1510077

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1510065 IMG_8278

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バッキンガムも見えてきました

衛兵交代もちょうど見えましたね。

 

 

P1510084

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1510089

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1510087

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_8273

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BBbasu

 

 

 

 

 

 

 

添乗員様お世話になりました。

 

 

 

ダブルデッカーでのアフタヌーンティは、
にぎやかに楽しくあっという間の1時間半でした。

ロンドン市内の観光もできて充実の時間。
おなかも気持ちもいっぱい幸せです♪

 

 

 




ピカデリーのF&Mに。
キッチン用品も豊富、食品も楽しみなフォートナム&メイソン。

IMG_8237

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 







 

マーマレード、ジャム売り場が一番好き。
重たいのに買ってしまう。。

 

IMG_8239

 

 

 

 

 

 

 

 







地階食品の野菜売り場で、
イギリスの根菜葉物野菜についてレクチャー。
買って帰りたいなあ。

 

 

 

 

 

IMG_8241

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_8242

 

 

 

 

 

 









 

スコーンや焼き菓子も
1個から自由に買えるのはウレシイ。

IMG_8243

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_8246

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 






 

お買い物をすませて外へ出て、
20時でもこの明るさ!
お天気が良いと1日が長いイギリスの6月です。

IMG_8249

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2015年6月24日  1:51 PM |カテゴリー: 「2015イギリス菓子とティールームを巡る旅」

ロンドンに戻ってメイフェアを中心に歩きます。


ヒギンス
王室御用達のここは、もとはコーヒー豆専門店。
紅茶も販売するようになりワラントを保持しています。


ちょうど訪ねた時は、店内工事中。
それでも営業しているところが すごいです。

P1500898

 

 

 

 

 

 

 

 

夏の紅茶を購入。
定番からフレーバーティまで、幅広い品ぞろえ。

P1500899

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 








「ENGLANDティールームさんぽ」でも書いています、
ウォレスコレクションとティールーム

P1500904

 

 

 

 

 

 

 

P1500908

 

 

 

 

 

 





吹き抜けの空間が気持ちいい!

P1500914

 

 

 

 

 

 

 

P1500913

 

 

 

 

 

 

 

P1500915

 

 

 

 

 

 

 

 

P1500909

 

 

 

 

 

 

 

 








メイフェアを歩く
ビートルズのアビーロードではありません~~

P1500919

 

 

 

 

 

 

 

 

P1500922

 

 

 

 

 

 

 

 

 





 

 

クスミティー
エマブリッジウォーター

 

P1500924

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1500925

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1500926

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナチュラル・キッチンでティー
スピナッチ・スクイーズを注文!
冷たくておいしいほうれん草、ポパイみたい。

 

フェイフェアは素敵なお店が軒を連ね
なかなか前に進めません。。

 

P1500936


日本でも有名になってきた
リッチモンドのピーターシャム・ナーサリーでランチ♪

緑の中でいただくイギリス料理と菓子。
素敵なティータイムとなりました。

P1500866

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レストランとティールームを併設するガーデンセンター
緑の植木や苗、種など売っているけれど、
それよりもおいしいものを求めてくる人がたくさん。

 

P1500892

 

 

 

 

 

 

 

 

P1500867

 

 

 

 

 

 

 

P1500871

 

 

 

 

 

 

 

 

焼き菓子のポーションが大きい!
おいしそうなものいっぱいで迷う。。

P1500875

 

 

 

 

 

 

 

P1500870

 

 

 

 

 

 

 

 

P1500894

 

 

 

 

 

 

 

 

パーティをここでする人も多い、
素敵な空間のピーターシャムです。
ロンドンからだけではなく、遠方からのゲストも多い。

P1500891

 

 

 

 

 

 

 

 

観光の1日に入れてみてください。

 

 

 

 


ロンドンの2日目は 早起き!してケンプトンアンティークマーケットへGO!!

月2回だけ開催されるケンプトンアンティークは、
ケンプトンレース場に 屋内700店、屋外はその3倍以上のストゥールが広がります。

6時半スタートでバイヤーが多く来るこのマーケットは、
家具などの大物をはじめありとあらゆるものが売られているのです。

 


快晴!
みなさま!用意はいいですか!
お買い物のコツもOKですか~!ひとめぼれに出会えますように!
それでは~~~Good Luck!

P1500828

 

 

 

 

 

 

 


 

 


 

製菓道具類もいっぱい!うれしい~~~!

P1500840

 

 

 

 

 

 

 

 





テーブルの下の箱から宝物を救出!!です。
素敵なものが隠れているんですよ~

 

P1500839 P1500821

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





快晴のレース場には、
時間を追うごとに人が増えていきます。
そして品物にはSOLDのステッカーが増えていく!

P1500844

 

 

 

 

 

 

 

 

 




 

屋外のマーケットは、本当にいろいろなものがあるので楽しい

P1500822

 

 

 

 

 

 

 

 





フランス語もよく耳にしました。
バイヤーは各国から。

P1500849

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バンの奥には、美しいレース場が広がっています。

P1500847

 

 

 

 

 

 

 

 

 




かわいい~~
お皿たくさん!
素敵なヴィンテージものが無造作に積み上げられていました。
このベルは、各部屋から執事を呼ぶためのもの。どこのお屋敷に掛かっていたのでしょう。。

P1500858 P1500850

 

 

 

 

 

 

 

 

 











 

地面も売り場。
足元にも気をつけて。

P1500859

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




 

素敵なトランクを持っていた彼女の首には、
救助用の浮き輪?!何に使うのでしょう~

P1500852 P1500851

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 







 

屋内は、小さなものが中心。
ここのオーナーさんには、イギリスの古い製菓道具について、いろいろ教えてもらいました。
古い古いカッティングボードにひとめぼれ♪
連れて帰ってきました~♪

P1500824

 

 

 

 

 

 

 

 




集合時間には、みなさま大荷物!
運命の出会いがたくさん!あったようです。

旅先で見つけるお品、
出会ってひとめぼれのもの、
大切にしたいもの、
思い出と一緒に連れてかえりましょう。

たくさんのひとめぼれは、重たい~~~
でもMr.Bob運転のバスが そばで待ってくれているから楽ちんでしたネ。


P1500865

 

 

 

 

 

 

 

 

 





まだまだ旅は続きます

ケンプトンアンティークマーケット


 Woburn Abbey ウォーバンアビーは、アフタヌーンティー発祥の地。
とうとうやってきました!
お天気は快晴。広大な敷地をぬけて、ようやく到着。

P1500763

 

 

 

 

 

 

 

ここに住む第7代ベッドフォード侯爵夫人アンナ・マリアが、
おそい夕食の時間までの空腹を満たすために
16時ごろ自室にお茶と軽食を運ばせたのがアフタヌーンティのはじまりと言われています。

P1500769

 

 

 

 

 

 

 

 





館内は、残念ながら撮影禁止。

P1500771

 

 

 

 

 

 

 

 






マリア夫人の肖像画はとても美しくて惹きこまれました。
見学後には、ティールームでアフタヌーンティー!

P1500777 P1500790

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



やまもりのクロテッドクリーム‼
この量をみて、イギリスだなあと実感しました。

P1500800

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 






ウォーバンアビーのアフタヌーン・ティータイムです♪

P1500802

 

 

 

 

 

 

 

 

P1500807

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





さあ!一路ロンドンへ~

IMG_8222


2015年6月19日  3:28 PM |カテゴリー: 「2015イギリス菓子とティールームを巡る旅」

ベイクウェルの町で偶然、朝のマーケットに遭遇。
とてもラッキー!

地元の人たちが買い物するマーケットは、
特にフードが見ごたえあります。
季節の特産品や 土地の食べ物・菓子がそろうのです!

 

 

P1500700

 

 

 

 

 

 

 

 

6月は、イギリスの短い夏の始まりの時期。
おいしい果物や野菜の種類が増える時で、品ぞろえが楽しいみ~~~

ブリティッシュストロベリーの6月!
ベリーの夏!
素敵すぎます!!

P1500705 P1500716

 

 

 

 

 

 
ケント州が有名なブリティッシュストロベリーで、イチゴの収穫は南部中心でしたが、
現在では、品種改良が進み イングランド全域で露地物が収穫されています。
ストロベリークリームが、6月下旬には街にあふれるでしょう。

さらに!短い期間にだけマーケットに姿をあらわす、ドーナツピーチ!
出会えて感激!
20個買ってみなさんと食べました~~

このドーナツピーチ、普通のピーチより甘みが強くおいしいのです。
種が大きく実の部分が少ないのですが、やっぱりおいしい。
イギリスでも好きな人多い 珍しい桃です。

P1500706 P1500705

 

 

 

 

 

 

 

 

ベイクウェルクランブル。
ベイクウェルタルトと同じフィリングに、粉とバターのクランブルをふりかけて焼いたもの。
イギリスは、どこへいってもクランブルもの!が必ずあります。

やっぱりチーズスコーン。
この地方はチーズもの多い。ジャムではなく、チェツネをそえていただきます。

P1500729 P1500710

 

 

 

 

 

 

 

 

オーツケーキとありますが、ヨークではパイクレットともよばれます。
オーツを細かく挽いた粉を溶いて薄く延ばして焼き上げたもの。
パンケーキのようなものです。この地方でよくみられる素朴な粉もの。

ショートブレッドをトレイベクで焼き上げてあります。
表面は、フォークで模様つけしてある家庭のショートブレッド。
新鮮で良質なバターで作る贅沢な焼きたてブレッドです。

P1500753 P1500730

 

 

 

 

 

 

 

 

フードの他にも
マーケットには生活必需品のストゥールもあります。

その中で、皆様がくぎつけになっていのは、アンティークのストゥール!
運命の出会いをして連れて帰った方も多かったようです!

旅先でのひとめぼれは、嬉しい♪

P1500703

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、ベイクウェルを出発です!
次のお菓子の街へ~~~~

P1500760

 

 

 

 

 

 

 

 

ピークディストリクトをバスで走ります~

この日も快晴!
お天気に恵まれるツアーです!

 

 


2015年6月15日  4:25 PM |カテゴリー: 「2015イギリス菓子とティールームを巡る旅」
2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

facebook

フランス料理総合サイト FELICIMME(フェリスィム)

新刊書が発売されました!


「イギリスの家庭料理」

イギリス家庭料理の決定版。
2015年4月11日 世界文化社より発売。


「イギリスの菓子物語」

英国伝統菓子のレシピとストーリー。
2014年12月11日 マイナビ出版より発売。


「イギリスのお菓子教室ビスケットとスコーン」

イギリス焼き菓子の定番レシピ集。
2014年6月19日 講談社より発売。


「お茶の時間のイギリス菓子」

イギリス菓子80品のレシピと暮らしのコラムの本。
2013年10月3日 世界文化社より発売。


「ENGLANDティールームさんぽ」

ロンドン、コッツウォルズ等のティールーム38件を紹介。
2013年7月21日 双葉社より発売。
全国書店にて好評発売中。

Page Top