大阪住之江の洋菓子教室

ブログ

アクセスマップ

お問合せ

ホーム

コンセプト

レッスン

教室の流れ

英国菓子・欧州菓子ギャラリー

英国菓子年間メニュー

ニュース&メディア

概要

blog/diary

ガレット・デ・ロアとそば粉のガレット
のレッスンが終了。今年最後の教室となりました。

P1440427

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年の今頃はまだ イギリスで、船便の荷造りに追われていました。
12月30日にイギリスを発ち、日本に帰国。
7年ぶりの日本のお正月を慌ただしく迎えました。

年が明け、留守宅にあった荷物と少しの飛行機便で暮らし、
2ヶ月後に到着した船便を受け取りながら、教室再開の支度を進めました。

6月から教室ブリティッシュ・プディングがスタート。
ご参加下さる皆様のおかげで、月を追うごとに充実した時間となりました。

今年最後のレッスンを終え、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
お菓子を通じて、新しい出会いがたくさん♪

遠方から来てくださる方が多いのが、教室の特徴となりつつあります。
身が引き締まることです。

さらに皆様に喜んでいただける教室にしたい。
おいしいイギリス菓子を たくさんご紹介したいと思っています。

今年最後となった ロア。大変好評を頂いた会となりました。
こちらはフランス菓子ですが、季節菓子や宗教菓子は、英国菓子以外でもこうして作っていきたいですね
P1440424

フェーブが当たった方!おめでとうございます。
幸運を運ぶフェーブ。来年きっと良いことが待っていますね。

 

 

 

 

 

 

 

皆様と 粉とバターから仕上げた折込パイ生地。
3度の折込みをする為、製菓学校でも先生のデモだけ となることが多いこの工程。
手間ひまかかりますが、手作りのデトランプはおいしい。

一度自分で最初から作業をしてみると、作るハードルが低くなると思い、思い切ってひとり一台製作としました。
デトランプを寝かす間に、2種類のクリームと2品目の制作。

忙しいレッスンでしたが、皆様にとても喜んでいただけて良かった。
P1440331P1440332

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どこを切ってもフェーブかアーモンドが当たる!
市販品では ありえないクリームぎっしりのロア。贅沢です。
ドリュールは秘密のレシピとひと技。さらにボーメ30%でツヤツヤ。

P1440418P1440429

 

 

 

 

 

 

 
P1440422

 

 

 

 
P1440424

フェーブがのぞいている?!

欲しい~~。

 

 

 

 

 


皆様 大成功のガレット・デ・ロア。
おいしそうに焼きあがりました。
教室は、よい香りで満たされて♪しあわせです。
P1440430

 

 

 

 



フェーブがたくさん詰まったロアをお持ち帰り。
おいしいお菓子の時間を過ごしてくださいませ。

 


2013年12月23日  12:29 PM |カテゴリー: 4.欧州の菓子

 

 

 

1月、 イギリスの主婦は一年分のマーマレード作りに追われます。
この時期に売られるセビルオレンジで作るから。
サビルオレンジマーマレード

 

 

 

 

 

 

 

 
サビルオレンジは手に入らないけれど、日本でもおいしいマーマレードは作れます。
ことこと煮詰めるマーマレードは、おいしい香りを家中に広めてくれて幸せ。
マーマレードを作りましょう。

メインは、ジャムローリーポーリー。
ピーターラビットのおはなしにも登場する、イギリスのプディング。
赤いジャムがかわいいお菓子です。
P1420330

 

 

 

 

 

 

 

 
今月は3品目もあります。
2月に行われるイギリスのパンケーキデーをまえに、
パンケーキを作りましょう。
P1190408

 

 

 

 

 

 

 

 
くるくるまくのがイギリスのパンケーキ。
今年は、2月のパンケーキデーに イギリスのパンケーキを作ってください。
パンケーキデーに行われるパンケーキレースや、
全国の学校でこの日に食べるパンケーキのお話 などなど。
家庭科の実習でも2月はパンケーキ。給食もパンケーキ。いろいろなパンケーキが登場します。
イギリスの宗教行事とお菓子は 今も健在なのです。

1月16日 木曜日 11:00~

17日 金曜日 11:00~

18日 土曜日 14:00~

カレンダーにて最新予約状況が見られます。

皆様のご参加をお待ちしています。

 


2013年12月20日  11:22 PM |カテゴリー: 2.教室の日程,3.イギリス菓子

「お茶の時間のイギリス菓子レッスン」

     ~アフタヌーンティを素敵にする英国焼き菓子をご紹介~

 

梅田クリナップ・ワンデイレッスンを開催することになりました!
P1090382

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英国アフタヌーンティのお菓子の概説、デモンストレーション、

制作のお菓子、スコーンを中心にしたアフタヌーンティを楽しんでいただきます。

 皆さまのご参加お待ちしています。

日時   2014年1月25日土曜日

12:00~14:30  (受付11:45より)

場所   梅田キッチンタウン・クリナップ(大阪ショールーム)

〒530-0017大阪市北区角田町8番1号 梅田阪急ビル オフィスタワー26F

http://cleanup.jp/showroom/info/kinki/osaka.shtml

定員     20名 (先着順)

お申し込み  ホームページ申込みページより。

レッスン料  5,500円

(下記振込先へお振込みにて予約確定。ご予約後10日以内にお願いします。)

お持ち物     筆記用具、必要な方はカメラ

 *お持ち帰りの菓子がございます。箱・袋はこちらでご用意します。

*当日製作の菓子のすべてのレシピをお渡しします。
*キャンセルについて

会場への材料搬入の為1週間前までにお願いします。指定口座へ返金します(お客様手数料負担)

主催 食を彩るサロネーゼDreamia サロン様、キッチンタウン・クリナップ大阪様

http://dreamiaclub.jp/ こちらでも告知しています。

 


2013年12月19日  12:27 AM |カテゴリー: 1.お知らせ&イベント,2.教室の日程

イギリスのティールームの定番キャロット・ケーキ。
人参の甘味がおいしい焼き菓子です。

P1390006

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
イギリスの人参は、甘みが強く色も濃いものがあります。
それを使って、高価な砂糖の代わりとし、甘味を楽しんでいたのは昔。
今ではサラダオイルを使ったレシピが多くなり、ティールームでは定番、人気のケーキです。
大きなポーションでやかれたキャロットケーキが、カットされてどんどん売れていく姿は 気持ちいいほど。
P1390050

 

 

 

 

 

 

 

 
クリームのおいしさもキャロットケーキに欠かせないもの。
おいしい配合を伝授します。
キャロットケーキ 12cmひとり一台制作お持ち帰り。

2品目は、ジンジャービスケット。
イギリスを代表するビスケットです。

 

日程

1月9日木曜 11:00~13:30 満席 キャンセル待ちお受けします

10日金曜 11:00~13:30

11日土曜 11:00~13:30

カレンダーで空席状況を確認できます。

英国菓子クラス、紀行クラス、ともにすべて単発レッスンですので、
お好きなメニューで選んでください。

皆さまのご参加お待ちしています。

 

 

 

 


2013年12月17日  9:19 PM |カテゴリー: 2.教室の日程,3.イギリス菓子

12月、クリスマスユールログといっしょに作った洋梨の赤ワイン煮は、クリスマス色♪
さっぱりとおいしい味が日本人好み。
そしてもうひと品、
モルドワインほど有名ではないけれど、おいしいクリスマスの飲み物モルドサイダーも好評でした。

P1440373

 

 

 

 

 

 
P1440360P1440368

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスの冬は あたたかくアルコール分の多い飲み物が多い。おいしい!
口当たりがよく、甘く美味しいけれどアルコール分は高いので気をつけて♪。

P1440391

ユールログのインスタントも
イギリスでは売られています。
卵と牛乳を混ぜるだけ。

 

 

 

 

 

 
P1440382P1440379

 

 

 

 

 

 

教室では、シートを焼いてクリームを巻き上げ 仕上げました。
イギリスのクリスマスの飾り、小鳥のロビンをマジパンで作って。
柊といっしょに。
P1440383

 

 

 

 

 

イギリスのクリスマスプディングとはまた違った、クリスマスのケーキです。

 

 

 


  8:48 PM |カテゴリー: 3.イギリス菓子

クリスマス・ユール・ログ。
イギリスの薪のケーキです。

珍しくクリームをふんだんに使ったイギリスのこのケーキ。
栗をいれたクリームで作ります。
イギリスではこの時期、湯むきした栗が瓶詰めにされて売られていますが
それらの多くはお菓子ではなく、クリスマスに焼くターキーやチキンのスタフィング詰め物に使われます。

ユールログは、この栗をクリームに使って巻き上げたケーキ。
クリスマスプディングとは対象的に、ふんわりやさしいクリームのお菓子なのです。

P1440310

 

 

 

 

 

フランスでは ブッシュドノエル。

イギリスでも若い人たちは、ユール・ログのような 軽いお菓子を好む傾向があるよう。

一口サイズのユール・ログや、
混ぜるだけ~の即席ミックス粉 なども売られるほど、イギリスで好まれているクリスマス菓子です。

ひとり一台制作。
2品目もあります。

日程:12月12、13、14日 11:00~スタート。
カレンダーにも載せています。

皆様のご参加お待ちしています。

 


2013年12月8日  9:49 PM |カテゴリー: 2.教室の日程,3.イギリス菓子

ガレット・デ・ロアのレッスン、
今年は、ひとりですべてを作っていただいています。
粉から 折込パイ生地を作り、
クリーム2種を制作して フランジパーヌというクリームに仕上げて焼きこみます。

楽しい、楽しい!!
P1440331 P1440332

 

 

 

 

 

 

 

 
折り込むバターの量の多さに ちょっとびっくり。
おいしいから良いのです♪
P1440338

 

2種のクリームをあわせてフランジパーヌを作り、
絞り出します。

 

 

 

 

 

 

選んで頂いたフェーブに加え、アーモンドも入れて。
どこを切っても出てくる~。
このロアは、2このフェーブ入り?!
P1440340

 

 

 

 

 

 

 

 
表面に模様を入れる作業になると、皆さん寡黙になります。
無心にする作業って、楽しい。
P1440345

 

 

 

 

 

 

 

P1440347 P1440348

 

 

 

 

 

 

 

 
いろいろな模様に仕上がりました。
焼きたてのロアは、本当に良い香り。教室中に広がっていてしあわせ。
P1440324 P1440325

 

 

 

 

 

 

 

 
フェーブ集めも楽しいこの季節。
今年はどんなフェーブに出会えるでしょうか。
P1440328

 

 

 

 

 

 

 

 
レッスンでお待ちしています。

 

 


2013年12月7日  7:25 AM |カテゴリー: 4.欧州の菓子

11月の欧菓子クラス、ガレット・デ・ロアと そば粉のガレット
のレッスンがスタートしました。

デトランプ折込パイ生地を、一人づつ粉から作ります。
200gの折込み用バターを、生地に包んでのばして~。
なかなか手作りする機会はないかもしれませんが、自家製は美味しいです!

P1440316

P1440315

 

 

 

 

 

 

 

 

クレーム・ダマンドとクレーム・パティシェールを合わせた
クレーム・フランジバーヌを焼き込んだガレット。
P1440314P1440313

 

 

 

 

 

 

 
ガレットの表面には、模様をナイフで描きます。
太陽やひまわり=生命、命
オリーブの歯=栄光、勝利
稲穂=豊作
四葉=幸福
などなど、模様に込めた意味はどれも幸せをもたらすもの。
これらの他に、パリでは、お店の名前や オーダーで氏名を書いていたり。

 

 

 

 

P1440320

 

P1440319

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おいしそう~~に焼きあがりました。
ナイフを入れると、ザクッサクッサクサク。。
音からも美味しさが伝わる生地。ドリュールとボーメ30°のシロップで
この美味しそうな姿に!

P1440323

 

P1440325

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1440324

 

 

 

 

 

お好きなフェーブを選んでください。
クレームの上にしのばせて、焼きこみます。
だれに当たるでしょう。
フェーブが出てきた人は、その一年幸運に恵まれます。
王冠もかぶってお祝いですね。
1月6日に食べるフランス菓子 ガレット・デ・ロア。
来月のエピファニーには、おうちで手作りして焼きたてを食べましょう。

今回は、一人18センチのロアをお持ち帰り。
フェーブと王冠付き♪です。

2品目は、そば粉のガレット。
あつあつをアップルサイダーといっしょに試食です。
もうお腹いっぱいになるボリューム。
P1440312

 

 

 

 

 
皆様のご参加お待ちしています。
カレンダーにて日程を確認くださいね。

 


2013年12月5日  10:09 PM |カテゴリー: 4.欧州の菓子
2013年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

facebook

フランス料理総合サイト FELICIMME(フェリスィム)

新刊書が発売されました!


「イギリスの家庭料理」

イギリス家庭料理の決定版。
2015年4月11日 世界文化社より発売。


「イギリスの菓子物語」

英国伝統菓子のレシピとストーリー。
2014年12月11日 マイナビ出版より発売。


「イギリスのお菓子教室ビスケットとスコーン」

イギリス焼き菓子の定番レシピ集。
2014年6月19日 講談社より発売。


「お茶の時間のイギリス菓子」

イギリス菓子80品のレシピと暮らしのコラムの本。
2013年10月3日 世界文化社より発売。


「ENGLANDティールームさんぽ」

ロンドン、コッツウォルズ等のティールーム38件を紹介。
2013年7月21日 双葉社より発売。
全国書店にて好評発売中。

Page Top