大阪住之江の洋菓子教室

ブログ

アクセスマップ

お問合せ

ホーム

コンセプト

レッスン

教室の流れ

英国菓子・欧州菓子ギャラリー

英国菓子年間メニュー

ニュース&メディア

概要

blog/diary

「イギリスお菓子とティールームをめぐる旅10日間」

では、6月の美しいイギリスを堪能します。
コッツウォルズのバーフォードを起点に、バスでいろいろなところを回りますが、
その中でも ここスノーズヒルは、この時期だけの特別な場所。

IMG_1271

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一年の中で、6月14日~8月17日の間だけオープンしているのです。
ちょうどツアーの間に、美しい季節が始まるところ。
スノーズヒルに近づいてくると、車の中にいても、もうラベンダーの良い香りを感じる程なのです!

IMG_1295 IMG_1274

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一面、ラベンダーです!!!!!!

その年の気温や天気にもよりますが、
7月の末頃からもう刈り取りがはじまるので、本当に短いシーズン。

IMG_1269 IMG_1283

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここには、かわいらしいティールームがあって、
必ず食べたいのが、ラベンダースコーンです♪

つみたてのラベンダーがスコーンの生地に焼きこまれていて、
ほのかに香っておいしいのです。紅茶もラベンダーの香りがするような気がする。。
ティールームの中に、ラベンダーのバスグッズや文房具、お土産がたくさんあるからかも。

IMG_1278

 

 

 

 

 

 

 

 

毎年、オープンが近くなるとライブで 今日のラベンダー!の写真をHPに毎日載せてくれます。
Snowshill Lavender

今年が暖かくてラベンダーが早く色づいてくれるといいな、と思います。

IMG_1261

 

 

 

 

 

 

 

 

交通の便が難しいところですが、バスで快適。
さわやかなラベンダーの丘をみながらクリームティをしましょう~♪

イギリスの田舎に魅了されること間違いなしです!

 

 

 

 


2014年1月31日  10:19 PM |カテゴリー: 「イギリス菓子とティールームをめぐる10日間の旅」

「砂古玉緒と行くイギリスお菓子とティールームをめぐる旅10日間」のツアーをご紹介してから、

たくさんのお問い合わせを頂いています。
また、お申し込みも順次頂いており、有難うございます!

これまでオプショナルの紹介を中心にしてきましたが、
そのほかにめぐる街の案内も見たい!との声をたくさん頂きました。

これから少しづつツアーで訪ねる場所を ご紹介していこうと思います。

こちらコッツウォルズに向かう途中で訪ねるマルボロウという小さな街。
ここにあるおすすめティールームがココ!

POLLY’S TEA ROOM

P1180617

イギリスらしい低い入口を入ると
お菓子のよい香りに包まれます!

イギリス菓子がずら~~~と並ぶテーブル
もう!釘付けです!!!

地元のおばあちゃんたちが集うこのティールームで、
のんびりお茶タイム。

菓子は、正統派英国菓子。
ベイクウェルプディング、キャロットケーキ、ウォールナッツケーキ、
ビクトリアサンド、エクルズ、フラップジャックetc!!!

そして田舎の大きな大きな大きな~~スコーン!!です!!
これに会いに ここまできたよ!と絶対思うはず。

低い天井にはりがそのまま。昔ながらの素朴なティールームです。
ジャムもいいけど、やっぱりやまもりのクロテッドが主役!ですよね。

P1180641 P1180582


















ケーキを選んできてね!と言われますが、
数が多くて決められない~~~。
真剣に悩みます!

P1180619 P1180574


















テイクアウトのお客様の多く、季節お菓子は人気です。
記念日用のアイシングケーキの技術もすばらしい店です。

P1180577 P1180626


















お店は意外と広くてゆったり。
みんなスコーンと紅茶でクリームティです。



この雰囲気に身を置くと、イギリスにいるんだなあ。。と思います。
幸せな時間。贅沢な時間。今しかできない自分の時間です。

P1180632 P1180629











ポーリーズ ティールーム田舎のティールームでクリームティー♪です。

マルボロウは、小さな街ですが、
ティールーム、納屋のようなアンティークショップラブリーな雑貨専門店、食料品店、キャスキッドソンやブティック、キッチン用品店、ウェイトローズなどなどが並んでいます。
自由行動で4時間見ていただく予定です。

また、ここでサプライズのデモレッスンを計画中です。決まり次第お知らせします。

P1180564 P1180568











10年住んだイギリスのおすすめの場所、ティールームを盛り込んでいます。

日本からの観光ではふだん行かないけれど、本当は素敵なところや、
おすすめのお店などを、この10日間にご案内します。
全行程 私がご一緒し、毎日、今日のおすすめのポイント!をお知らせします。



P1180561

 

 

 

 

 

 

 

 

 

***************************

ご興味のある方はHPお問い合わせフォームか

NHKの関連会社である日放ツーリスト(株) 〒150-0047 東京都渋谷区神山町4-14第三共同ビル
ツアー担当:赤羽(あかば)さま
電話:03-3481-7666 FAX:03-3481-7664

までお問い合わせください。

日放ツーリスト

定員になり次第締め切りとさせていただきますのでお早めにどうぞ♪


リッチモンドのピーターシャムナーサリーのティーテイスティング。

ツアーでご案内する紅茶教室です。
先生はMs.Helen, 教科書をみながら次々と紅茶の解説が始まります。

Tea Tasting 1

 

 

 

 

 

 

このピーターシャムで、ティーテイスティングクラスが開催されるのは大変貴重です。
年に数回のみのクラス。いつも満席。
日本から参加できるのはとてもうれしい!!
イギリス人の先生に学ぶ、紅茶の世界。

SONY DSC

 

 

 

 

 

 

貴重な体験になることでしょう。

イギリスの正統派の紅茶から、最近流行のお茶まで濃い内容でのレッスンです。
英語となりますが、ゆっくりと丁寧に教えてくださる先生です。

Canton Tea Co

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピーターシャムの緑の中のテーブルをリザーブしています。ここで紅茶教室!なんて素敵なんでしょう。夢のようです。。

_MG_7343

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紅茶のあとは、ピーターシャムのイギリス菓子でティータイムです。
お菓子と紅茶も含まれています。ここのケーキは大きなポーションなので、食べきらないのです。
持って帰らなくては!
もう、ランチは食べられない~!

オプショナル9000円となります。大変お得です♪
ツアー詳細はお問い合わせください。

ピーターシャムナーサリー

ここでも紹介しています。
ティールームさんぽ表紙

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2014年1月30日  10:00 AM |カテゴリー: 「イギリス菓子とティールームをめぐる10日間の旅」

ッツウォルズにある すばらしい菓子学校でイギリス菓子を学びます!!

ここは、マナーハウスで、 料理と菓子のクッカリースクールでもあるのです。
素晴らしいお屋敷に最新の設備を備えた学校。

そこでイギリス菓子を学びます!

ThymeSouthrop写真 全景

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスの多くの雑誌にも紹介される有名なところ。

Thyme SouthropManor

今回、特別にお願いをし、レッスンメニューを作ってもらいました!

 

どうしても学びたいコッツウォルズの上流階級のスコーン、そしてイギリスのケーク!
その願いが届き、スペシャルメニューで開催です!!!

 

シェフのデモンストレーションでのレッスン。英語のみとなりますが、作る過程をしっかり見られます。
貴重で充実の時間となること間違いなし。

レッスン後は、スコーンとケークでティータイムもあります♪

コッツウォルズで 一流の雰囲気の中、イギリス菓子を学べる機会はなかなかありません。
このツアーならではの菓子教室となります。

皆様のご参加お待ちしています。

 

Thyme-at-Southrop-Manor

 

 

 

 

 

 

 

 

 

詳細はお気軽にお問い合わせください。

オプショナルとなります。最新のパンフレットをお送りします。

ブログ用旅チラシ

 


2014年1月29日  4:21 PM |カテゴリー: 「イギリス菓子とティールームをめぐる10日間の旅」

 

 

イギリス菓子、スコーンを作るワンデイレッスン、梅田クリナップキッチンスタジオにて開催、無事終了しました。
この日ご参加頂いたのは、21名の皆様。お越し頂き 有難うございました。

P1440981 P1450019

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

場所は、阪急オフィスビル26階。すばらしい風景を見下ろしながら、最新のキッチンでイギリス菓子を作りました。

P1440977 P1440974

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスのファーマーズ・スコーンを始め、焼き菓子、サンドイッチなど、
6種類を制作、紅茶とともに試食タイムも♪

securedownload[2] P1440986

 

 

 

 

 

 

 
最初は、イギリスのアフタヌーンティやお菓子のお話を少し。
スコーンの歴史は、話すと どんどんふくらむので、時間がもっとほしかった。

P1450038

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴールデンシロップをふんだんに使う シロップ・プディングは、
1時間程蒸しあげて、あつあつの出来上がり。

P1440995

 

 

 

 

 

 

 
サンドイッチ2種、マーマレードのローフケーキ、
バレンタインもあるので、チョコレートのオーツビスケットも!
今回は、オーツを使った イギリスらしい焼き菓子を中心に選びました。

P1450030

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1440959

IMG_1569

 

 

 

 

 

 

 

 

アシスタントは妹です。いつも有難う。
お天気の良かったこの日、遠くに大阪城も見えていました!

皆さまといっしょに、楽しいお菓子の時間となりました。
ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 


2014年1月26日  2:17 PM |カテゴリー: 1.お知らせ&イベント,3.イギリス菓子

レース場のアンティークマーケットの続きです。

この青空と開放感に テンション上がります!
P1250872

 

 

 

 

 

 

 

 

 

青空の下、夏のイギリスのお楽しみは屋外のアンティークマーケット。
レース場は さわやかな芝生の香りがひろがります。やってきている人々は、皆テンション高いので、
品物もどんどん どんどん!売れていくのです。

サビルマーマレードが入って売られていた陶器のジャー。人気商品が格安!!
ゼリーモールド、ガラスの菓子型。。欲しい。。

ロンドンとは値段が違います。品物はほこりをかぶっていたりするので、
手が真っ黒になりますが。

P1250867 P1250876

 

 

 

 

 

 

 

 

 

製菓道具もたくさん!あります。
値段交渉もぜひトライ。

P1250865 P1250866

 

 

 

 

 

 

P1290175

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大型家具もあります。

そして、こちらは屋内の方。
ジュエリーや陶器、リネン、などがあります。

P1290141

 

P1290181

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆、真剣に見ています。目にルーペをつけた人も見かけます。
ジュエリーは、売る方も買う方も真剣勝負。

P1290190 P1290186

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

陶器のセットも、ダンボール箱に!救出!せねば!
旅の間ずっといっしょのバスにのせて、最後ロンドンより日系宅配に発送をたのめます。

P1290191 P1290194

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここに写っているバターメーカー欲しい。。
なぜ買わなかったのかしら。。と後悔するのがマーケット。
次回に同じものと出会えるチャンスは少ないのです。

一目惚れにあったら、連れて帰ろう~

P1290195 P1290198

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リネン、テーブルクロス類はとてもよいお土産です。
小さなものから大きなものまで。イギリスのレースや刺繍は、古いものほど素敵です。

P1290199P1290201

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスの製菓道具は、どうしてこんなにカワイイのでしょう~
ミキシングボウルも安いのです!!

P1290202 P1290200

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1350490 P1290210

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1350488 P1290217

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンティークマーケット堪能のあとは、リッチモンドのピーターシャムで紅茶教室となります。

「イギリスお菓子とティールームをめぐる旅10日間」
皆様のご参加お待ちしています。

HPお問い合わせフォームより、パンフレットをリクエストして下さい。
メールにて詳細お送りします。

ブログ用旅チラシ


2014年1月21日  10:23 PM |カテゴリー: 「イギリス菓子とティールームをめぐる10日間の旅」

「イギリス菓子とティールームめぐりの旅10日間」
日程の中で、イギリス国内や海外のバイヤーが買い付けに来る、
レース場で行われる大型のアンティークマーケットに行きます!

アンティークのお店は 10日間の間にあちこちに見つけることができると思いますが、
ここは特別!!レース場が 月二回だけアンティークマーケットになるので、なんといっても広大!なのです。

スタートは6:30の早朝(ツアーでは朝食後可能な限り早く行きたい!)
冬はまだ真っ暗なので、バイヤーの人々はペンライト持参です。夏は、もう明るい!

P1290128

 

 

 

 

 
オープンと同時に、ハントがスタート!

P1250837P1250857

 

 

 

 

 

 

 
トラックが、レース場にズラリと並んでいます。
品物を並ぶそばから 売れていきます!

P1250828

 

P1250853

 

 

 

 

 

 
銀器も無造作に大量に置いてあります。値段はいろいろ。

P1250850

 

P1250860

 

 

 

 

 

 

 

 

 
海外からのバイヤーも多いので、フランス語なども聞こえてきます。
電車の駅も近いので、観光客も。

P1250862

 

P1250845

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この中から、宝物を探し出して 救出!しなければ。
珍しい菓子の型や、上質のリネンが格安で見つかったりします。
お気に入りのティーカップ&ソーサーは、ダンボール箱から発見!!

一目惚れに会えますように♪

時間が経つと、Soldの表示が増えていきます。これを見ると、なんだか欲しくなるのが不思議。
古い製菓道具。写真を見ていて、これ欲しい。。。と思います。

P1250862

 

P1250864

 

 

 

 

 

 

 

 

 
マーケットの詳細はこちらになります。
Sunbury Antiquees Market

「ENGLANDティールームさんぽ」にも、
”アンティーク&陶器のマーケット” のページに書いています。

ティールームさんぽ表紙

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンティークハント つづきます~

 

 


2月の教室のご案内です。
英国菓子クラス
イギリス南部の街で生まれ、全土に広まったバノフィーパイ。
とスコットランドの菓子、ショートブレッドを作ります。

P1180173 P1180206

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスには、このお菓子を作るためにトフィーの缶詰!まで作ってしまいました。
もう、缶を開けるだけ!でイギリスの味のバノフィーが完成。
その簡単さも、人気の理由なのでしょう。

この缶詰トフィーを イギリスより持ち帰りましたので、
これを使って作ります。

また、日本でいつでも作れるように、日本の練乳を使っても、バノフィーを作ります。
おうちのおやつとして 作ってください。

 

もうひと品は、ペティコートテイル ショートブレッド

イギリスでは、クリンパというアイシングケーキを作る為の道具でフリルをとりますが、
手でつくるペティコートテイルもかわいい。両方ご紹介します。

さくさく美味しいショートブレッド、紅茶が進みます。

 

イギリス菓子紀行クラスは、

イースターのシムネルケーキ
ホットクロスバンズを作ります。
3月のイースターに向けて、マスターして作ってくださいね。

 

日程は、カレンダーにてご確認ください。
ご予約は、お申し込みフォームより。
皆様のご参加お待ちしています。

P1170885

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  8:09 PM |カテゴリー: 2.教室の日程

「イギリス菓子とティールームめぐりの旅10日間」

ブログ用旅チラシ

 

 

 

 

 

 

 

 

旅程の中で、イギリスリッチモンドにあるピーターシャムナーサリーで
紅茶教室に参加します。
ナーサリーにある納屋の中に入ると~~

IMG_5026 P1320786

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリス菓子が迎えてくれます♪
もう~しあわせ!テンションあがって どれを選んでいいかわからない~
P1320778P1320776

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスの焼き菓子がずらりと並び、その場で取ってもらいます。
ひとつがとても大きいので、食べきれない!一口づつ全部食べたい。。

P1320780 P1320787

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

納屋なんです~
ガーデンセンターで素朴な空間なのに、うっとりします。
紅茶の種類もさすがたくさん!
P1320798 P1320819

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素敵な空間で、紅茶教室を開催して頂くことになりました。
「有名ティールームで、イギリス人に習う TEA LESSON」
有意義な時間になることと思います。


P1320819 P1320844

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紅茶教室では 多種類の紅茶を学びます。
ピーターシャムでは、レストランとティールームの両方が大変充実しているので、
紅茶にも力を入れているのです。

P1320862 P1320805

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このアンティークの味のあるテーブルもイスも、値札がついている売り物!
それに座ってティータイム!
気がつくと、テーブルのアレンジメントにも値札が。。
楽しい空間ももったピーターシャムです。

IMG_5040 IMG_5067

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

著書の「ENGLANDティールームさんぽ」でも
紹介しています。おすすめの場所!
P1440921

 

 

 

 

 

 

ティールームさんぽ表紙

 

 

 

 

 

 

 

 
本の中のティールームをはじめ、たくさんの場所をめぐる旅です。

ツアーでの紅茶教室開催ティールーム
PetershamNurseries

皆様のご参加お待ちしています。
お気軽にHPより お問い合わせください。
パンフレットをメールにてお送りします。

 

 

 

 


2014年1月20日  8:00 PM |カテゴリー: 「イギリス菓子とティールームをめぐる10日間の旅」

「イギリス菓子とティールームをめぐる旅10日間」

に素敵な教室参加が決まりましたのでお知らせいたします!

リッチモンドにある有名なティールームPertersham Nurseries

紅茶教室に参加いたします!!

P1320795

IMG_5036

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここは、ロンドンから西にあるポッシュなエリア リッチモンドのガーデンセンター。
ガーデンセンターといっても、とてもお洒落なお店で、そこには素敵なティールームがあるのです!

IMG_5040 IMG_5041

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガーデニング用品や苗もありますが、テーブルウェアや家具、リビング用品、食器類などなど。

その空間に身を置くと、うっとりしあわせ~な気持ちになるところなのです。
さりげなく置いてあるカップ&ソーサーをみると£100!!だったりして、お客様の階層もうなづけるところ。。

IMG_5062 IMG_5024

 

 

 

 

 

 

 

 

 

週末には、遠く地方からもお客様も多く、
もちろんロンドンに近いので、ロンドンからの人々もたくさん。
緑に囲まれたレストランは貸切で披露宴をしていることも♪

P1320771

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピーターシャムナーサリーは、イギリスのリビング関係の本、ティールーム&カフェの本にも
よく紹介される有名なお店となりました。

私のここの一番のお気に入りは、ティールーム。
イギリスの菓子が本当にたくさんたくさん並ぶのです!!!

ここで、紅茶教室を開催して頂き、皆様と参加したいと思います。
紅茶教室は、オプションになりますが、大変リーズナブル!!なものとなりました。(ウレシイ)

ピーターシャムつづきます~

 

 

 


2014年1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

facebook

フランス料理総合サイト FELICIMME(フェリスィム)

新刊書が発売されました!


「イギリスの家庭料理」

イギリス家庭料理の決定版。
2015年4月11日 世界文化社より発売。


「イギリスの菓子物語」

英国伝統菓子のレシピとストーリー。
2014年12月11日 マイナビ出版より発売。


「イギリスのお菓子教室ビスケットとスコーン」

イギリス焼き菓子の定番レシピ集。
2014年6月19日 講談社より発売。


「お茶の時間のイギリス菓子」

イギリス菓子80品のレシピと暮らしのコラムの本。
2013年10月3日 世界文化社より発売。


「ENGLANDティールームさんぽ」

ロンドン、コッツウォルズ等のティールーム38件を紹介。
2013年7月21日 双葉社より発売。
全国書店にて好評発売中。

Page Top