大阪住之江の洋菓子教室

ブログ

アクセスマップ

お問合せ

ホーム

コンセプト

レッスン

教室の流れ

英国菓子・欧州菓子ギャラリー

英国菓子年間メニュー

ニュース&メディア

概要

blog/diary

 

イギリス英国菓子クラス5月のご案内です

バッテンバーグケーキとトライフル

イギリス菓子の中でも、華やかなお菓子なので、
アフタヌーンティの上段に小さく作ってサーブされたりしています。
この菓子の由来は、王室から。

イギリスでは専用の型もありますが、
日本でも作れる方法で皆様と制作します。

P1390398

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2品目は、トライフル。
夏のベリー類をたくさん使って作ります。
簡単、おいしい、はなやか!デザート。
大きなガラス器に作っても、小さなココットに作っても♪

イギリスの華やかお菓子2品の、5月英国菓子クラスです。

トライフル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日程は、カレンダーにて確認下さい。
キャンセル待ちもお受けしております。

皆様のご参加をお待ちしています。

また、5月は日程の都合により 紀行クラスはお休みいたします。


2014年3月31日  7:59 PM |カテゴリー: 2.教室の日程

英国菓子教室ブリティッシュ・プディングへのご予約方法
について、お知らせいたします。

多くの方からお問い合わせ頂き有難うございます。
満席の日が多くなっており、大変申し訳ありません。

ご予約方法は、
毎月末日夜8時に、次次月の日程とメニューをホームページにアップいたします。(5月の予約は3月31日夜8時)
お問い合わせフォームより、お申し込み頂き、先着順にて承ります。
3日以内に返信がない場合、返信できない・連絡が取れない状況になっているので、再度ご連絡下さい。

返信が受け取れる環境のアドレスで、お申し込みお願い致します。
(PC・携帯のセキュリティーが高く設定されている方は、こちらから連絡が取れない場合があります。ご注意ください。)

また、

*ご予約が確定後、7日以内の入金をお願いしております。

*キャンセルは10日前までにお願いします。キャンセル待ちの方も多い為。

*お車での方が増え、駐車場は近隣のコインパーキングへお願いしております。

*保冷剤をお持ちください。ご協力お願いします。

P1170668

 

 

 

 

 

 

 

ご質問などありましたら、お気軽に問い合わせフォームよりご連絡下さい。

イギリスのお菓子を楽しく、おいしく作っています。
皆様のご参加をお待ちしています!

 


2014年3月30日  11:21 AM |カテゴリー: 1.お知らせ&イベント

イギリスで有名なマーマレードアワード2014年
シルバーを頂きました!

昨日、エアメイルを受け取り レターと成績表を受け取って。
2012年にもシルバーだったので、2回目となります。

今年は、なんと!ゴールドまであと1,5ポイントでした!!

Appearance、Colour,
Flavour,aroma,の項目はすべて満点!!!

ひとつ、,Consistency,Texture,Quality,の項目で、ピールが多すぎとのことで、
マイナス2点!でした。20点満点の18点獲得。惜しかった~~~です。

ゴールドは、19.5~20点、シルバーは18~19、その下にブロンズ、メリットと続きます。
ダブルゴールドは、F&Mで商品化してもらえます。

P1450607

 

 

 

 

 

 

 

 

ピールが多すぎとの指摘は その通りかな。
私は 作ったマーマレードで、イギリス菓子を作るので、ピールが多い方が嬉しくて
毎回 具だくさんマーマレードです。

今回は、1月の紀行クラスで皆様と一緒に作ったマーマレードの配合に、少しお酒を加えたものです!!!
教室の時より30分長く火にかけ、ピールを柔らかくしました。

P1440898

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様との教室でのメニューが、
イギリスでの有名な大会で評価してもらえたのは、とても嬉しいです。

私のマーマレード、というのを持っているイギリスのお母さんたち。
奥深い、イギリスのマーマレードの世界です。

 

 

 

 


2014年3月24日  9:03 AM |カテゴリー: 1.お知らせ&イベント

先日、新聞社の取材を受け記事となったものが、
本日ヤフーニュース 経済に掲載されました。

ヤフーニュース経済・起業

 

いつもの教室の風景ですが、
このような記事にして頂き、驚きとともに感謝の気持ちでいっぱいです。

 

これも、ご参加下さる皆さまのおかげです。
有難うございます。

ますます充実の良い教室となるよう
努めてまいります。砂古玉緒

P1420091


2014年3月23日  9:51 PM |カテゴリー: 1.お知らせ&イベント

 

 

 

 

3月の紀行クラスがスタートしました。

今月はセントパトリックデーがあったので、アイルランドづくし!!
アイリッシュソーダブレッドと アイリッシュティーブレッド。

P1450584

 

 

 

 

 

 

 

 

古い配合のソーダブレッドは、粉・バターミルクの代用品のみ。
焼きあがった素朴な美味しさは病みつきになります。

ティーブレッドは、油脂が入らない特別な配合。その代わりにアイリッシュウィスキーがたっぷり。
レーズンに紅茶液をしたして使うのも特徴です。

P1450582 P1450579

 

 

 

 

 

 

 

 

溶かしたカマンベールチーズと生ハム、サラダ。
スープは、かぼちゃと玉ねぎ&ポテトです。

P1450591 P1450594

 

 

 

 

 

 

 

 

飲み物は、もちろん!アイリッシュコーヒー。
P1450586 P1450587

 

 

 

 

 

 

 

 

 

綺麗に2層になりました!
シャムロックのアイリッシュコーヒー用のグラスは、アンティークマーケットで
地面のダンボールに入れられていたもの。救出!しました。
今日は主役です。

この他、アイリッシュティーを2種飲み比べていただき、
おまけでエルダーフラワーコーディアルも♪

今月の紀行クラス。
アイルランドの楽しい♪勉強会です。

3月27日1席空席でました。

 

 

 


2014年3月22日  12:00 AM |カテゴリー: 6.日々のくらし

チッピングカムデンのスリーウェイズハウスに到着後は、
夜7時スタートのプディングクラブまで のんびり。周りは美しいコッツウォルズの田舎の風景が広がります
でも食べ物を食べてはイケマセン!!空腹絶食!で挑まなくちゃ!

プディングクラブ(オプション)に参加して イギリスの菓子の醍醐味を味わいましょう!!

P1310228 P1310259

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7種類のプディングをすべて食べて、最後にサーティフィケート修了証を頂きます。
イギリス伝統のプディングが次々とでてくるのは、英国全土でもここくらいかも

このプディングクラブ、参加者は国内外遠方(アメリカやフランスからも!)からの人が多いのです。
プディングが出てくる前に、驚くことに軽いディナーがサーブされます。(ディナー込みです)

でも、ここでたくさん食べては、プディングが食べられない~~~。
お野菜も、メインの魚かお肉かをチョイスしても、すこーし少しにしてくださいね!!!

飲み物は、イギリス人、外国人(あ、私たちが外国人)は赤ワインを頼む人がほとんどですが、
たま~に紅茶を飲んでいる人もいます。
自由です。(飲み物だけ別料金)

さあ、プディングを食べましょう~~
途中でリタイアする人もいるし、完食!する人も。

参加者みんなで盛り上がりながら プディングを楽しむ 楽しいパーティーです!
夜の10時頃まで続きます!!!

私は、いつも11時頃スリーウェイズを出て、車を運転し、
自宅にたどり着くのは深夜2時頃でした。。プディングクラブ大好きで、日帰りして参加していたのです。

でも今夜はそのままお泊り♪
皆様、心おきなく、ワインとプディングを楽しめます!天国です♪

P1310314

 

 

 

 

 

 

 

夏は、お天気にもよりますが、9時頃まで明るいので庭でパーティーとなる日もあります!!
そうなるといいな~~

プディングの由来をお話しつつ、食べましょう!

あくる日8日目は、ロンドンへ出発!

途中、ビスタアウトレットに立ち寄ります。バスだから行ける所。
ここは、日本人駐在員に人気のアウトレットセンター。
イギリスのメーカーも多いです。おすすめのお店をお知らせします。短時間でも充実のショッピングタイムを。

ロンドン到着後は、
私とご一緒に ホテルのアフタヌーンティを楽しんでも
自由行動でロンドン観光しても オッケ!です。
大英博物館やロンドン塔、ウェストミンスター寺院などもいいですね。

私とご一緒でしたら、ロンドンのホテルのアフタヌーンティに行きます。
そのほか、フォートナムメイスンも。

ロンドンのアフタヌーンティは、田舎とまた違った魅力。
スマートカジュアルで正統派英国アフタヌーンティを頂きましょう(個別現地お支払い)

ご参加の方には、出発前プディングパーティーの詳細とともに、
ロンドンアフタヌーンティの詳細もお知らせしますね。

ロンドン宿泊のホテルで、日系の宅配の受け取りもします。
船便で大物を送ってしまいます。バスから下ろすだけなので、旅の間中 荷物運びが楽チンですね。

最終日、ヒースロー発で 成田に飛びます。

ここに書ききれないこと、たくさんあります。
小さな村のティールーム、ココで!食べて欲しいお菓子名 などなど。。
みなさまと旅をごいっしょしながら、私のとっておきのイギリスをご紹介したいと思っています。

**************************

3月20日が お申し込みの締切となっております!
皆様のご参加お待ちしています♪

***********************

すでにお申し込みいただいている皆様へ~
説明会をかねた、イギリスプディングパーティを 開催いたします!!(もちろん無料)
旅程の詳しいお話、教えたくない秘密にしておきたい場所や見所♪などなどお話したいと思っています。

旅は支度から始まっていますね♪楽しんで参りましょう~~♪
パーティー日程は、決定しましたら直接メールでお知らせします。
もうしばらくお待ちくださいませ。

************************

ツアーの詳細をブログにまとめています。
右のカテゴリーの「イギリス菓子とティールームをめぐる旅10日間」の欄をご覧下さい。
***************************

お気軽にお問い合わせ下さい。
tamao-sako@britishpudding.comから もしくは、

NHKの関連会社である日放ツーリスト(株) 〒150-0047 東京都渋谷区神山町4-14第三共同ビル
ツアー担当:赤羽(あかば)さま
電話:03-3481-7666 FAX:03-3481-7664

までお問い合わせください。

日放ツーリスト


 

 

 

 

 


2014年3月18日  12:16 PM |カテゴリー: 「イギリス菓子とティールームをめぐる10日間の旅」

旅の後半は、イギリスの魅力が詰まった田舎の村々と地方の街をめぐります

テムズ川にかかる白い橋の風景で有名なマーロウを出発して、
コッツウォルズ地方に向かう途中の小さな小さな素敵な街に寄ります。
ここは、はいらずにはいられないティールーム、雑貨店、キッチン用品、陶器などの店が詰まっているところなのです。

また納屋を使った大きなアンティーク店もあり、おすすめがぎっしり!
アンティークのパイバードをここでいつも見つけては買っていました
イギリスの地元の人が愛する小さな街に寄り道して、ティールームで地方菓子と紅茶を堪能します!!

スコーンも大ぶりで粉を味わうタイプになります♪

 

そしてバースを目指して!
バスお風呂の語源にもなったバースの街に宿泊です。
夜は待ちの散策~。

あくる日は、ローマンバス見学やパンプルームで 美味!(マズイ)源泉を飲んだり、クリームティーしたり

サリーランという有名な バース発祥のブレッドも食べましょう。
ティールームの地下は 小さな博物館です。当時の様子が見られます。

バースのクレッセントや街並みは美しく、時間がいくらあっても足りない。
おすすめのお土産、見所、お店など、バスの中でお話します♪
街の散策は、私とごいっしょでも、自由行動でもオッケです。

P1090034

 

 

 

 

 

 

 

P1090014

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日は、バーフォードのマナーハウスに宿泊です。
コッツウォルズストーンが美しい はちみつ色の世界の中に溶け込みます。

バーフォードにもかわいらしいお店が軒並み並んでいるので、
忙し~~~~~!!!!

田舎のスコーンでクリームティーも3店舗は行きたい!

あくる日6日目は、朝一番から
コッツウォルズのマナーハウスのクッカリースクール
サウスロップで スコーンとイギリス菓子のデモンストレーションレッスン!!!!

普通の旅行では、参加できないクッカリー教室です。
今回特別にツアーの皆様貸切りで レッスンを組んで頂きました!
リクエストは イギリスの伝統のスコーンと、地方菓子!!!

もう、大興奮です。

ThymeSouthrop写真 全景 Thyme-at-Southrop-Manor

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レッスン終了後は、ティータームもあります。
おいしいお菓子とマナーハウスの紅茶を 楽しみましょう~~~~
オプションなので、参加されない方は、広い敷地内の併設のパブで一休みもいいかも♪

広いマナーハウスで写真も撮りたいですね。
イギリスらしい風景です。

お昼になったら、
コッツウォルズ チッピングカムデンにむけて出発!
途中、ブロードウェイ、
スノーズヒル、
に立ち寄ります。

なんとこの時期、スノーズヒルは美しいラベンダーに包まれています。

IMG_1261 IMG_1278

 

 

 

 

 

 

 

この時期しか見られない景色を見に行きましょう!!
ここでマストはラベンダースコーン!!
バスを降りた瞬間からラベンダーの香りに包まれると思いますが、
それを食べちゃいましょう!
お土産は、ラベンダーティやオイル。

この日の終点はチッピングカムデンの スリーウェイズハウス。
でも夜は長いのです~~~~

プディングクラブに参加!!!です。

書ききれないので つづきまはまた。

 


皆様からお問い合わせとお申し込みが 続いています、
「6月のイギリスお菓子とティールームをめぐる旅10日間」
旅の前半をお知らせいたします。

もう!こんな盛りだくさんで、学びと楽しみがぎゅぎゅっと詰まったツアーはできない!
と思うくらいの充実の10日間です。
ご参加の皆様に 必ず満足いただける内容となっております!

その旅の内容を少しお知らせです!!

東京成田より~ロンドン ヒースローへ到着。

ライ村のホテルへバス移動。ライ村泊です。
石畳の美しい田舎の町並みが残るライ村。
翌朝は、ライ村を散策。素敵なティールームも多くある村です。

昼にバス移動で南岸に。フェーリーにバスのままのって、ワイト島を目指します。
フェリーに乗っている時間は港によりますが、20~45分ほど。向こう岸が見えています。
イギリスで一番の南の島。
オズボーンハウス見学とサッチハウス藁葺き屋根のティールームめぐりです!!!

かわいらしいアンティーク店や雑貨店は、格安の値ふだにおどろかされますよ!

Wight4

 

 

 

 

 

 

 

ニードルズパークで 命懸け?のリフトで岸壁に降りましょう。現地で詳しく説明します~そのヘンの絶叫マシンより怖い。。。でも!
絶景が待っています!!!!!

夕方、ワイト島を離れバスでウィンザーへ。
ウィンザー泊。夜にはタウンを散策するのもよいですね。日が長い6月ですから夜も長いです。

翌日は早起きして!
バイヤーも来る”サンバリーアンティークマーケット”に繰り出します!!!!

一目惚れに会いに。掘り出し物を見つけに!2時間アンティークハントに燃えましょう!!11時には終いはじめますから。

P1250859

P1250857

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12時にはサンバリーを出発!そこから30分ほどのリッチモンドにある有名ティールーム、ピーターシャムナーサリーに行きます。
ここで特別開催していただくことになった、紅茶教室に参加。(オプション)
イギリス人の先生に学ぶ、紅茶のレッスンとお菓子のティータイムです。1時間~1時間半。
ポッシュな緑あふれるガーデンセンターの中での紅茶レッスンは格別。特別な思い出となるでしょう!!

Tea Tasting 1

 

 

 

 

 

 

 

P1320778P1320771

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、キューガーデン前にある”メイズオブオナー”のティールームへ行って、
メイズオブオナーを買います!ヘンリー8世の愛したお菓子。

そしてウィンザーロイヤルファームショップへ向かって。
こちらは女王の農場で採れるものたちの直売所。日本未上陸の品々がいっぱい!
女王の馬具の紋章付きショートブレッドなどいろいろあるのです~~~

そこからテムズ川上流の街、マーロウに向かいます。
美しい川沿いの風景が待っています。

マーロウのタウンには、キッチン用品屋やファッション、レストランなどなど
イギリスらしいお店が揃っているのです。私の家から近かったのでよく行った街。当日、おすすめの場所をお知らせします!
イギリス人の生活の一部の地元スーパーも外せませんね!

おすすめの買わねばならない!!!食品の数々をごいっしょに探しましょう。
もう楽しい!時間が足りない~~~!!と思ってしまうこと間違いなしです。

ツアーはまだ続きます。後半はまた今度。

P1270244 P1320186

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと!お申し込みの締切が3月20日とせまっております!
皆様のご参加お待ちしています♪

***********************

すでにお申し込みいただいている皆様へ~
説明会をかねた、イギリスプディングパーティを 開催いたします!!(もちろん無料)
旅程の詳しいお話、教えたくない秘密にしておきたい場所や見所♪などなどお話したいと思っています。

旅は支度から始まっていますね♪楽しんで参りましょう~~♪
パーティー日程は、決定しましたら直接メールでお知らせします。
もうしばらくお待ちくださいませ。

************************

ツアーの詳細をブログにまとめています。
右のカテゴリーの「イギリス菓子とティールームをめぐる旅10日間」の欄をご覧下さい。
***************************

お気軽にお問い合わせ下さい。
tamao-sako@britishpudding.comから もしくは、

NHKの関連会社である日放ツーリスト(株) 〒150-0047 東京都渋谷区神山町4-14第三共同ビル
ツアー担当:赤羽(あかば)さま
電話:03-3481-7666 FAX:03-3481-7664

までお問い合わせください。

日放ツーリスト


 


2014年3月17日  11:53 PM |カテゴリー: 「イギリス菓子とティールームをめぐる10日間の旅」

昨日の英国菓子クラスにて、
産経新聞の取材を受けました。

ご協力頂いた この日ご参加の皆様、
ありがとうございました!

皆さまへのインタビューもあったので、
記事になるのを楽しみしています。ウェブと紙面にのる予定だそう。

 

昨日は、ブレッド&バタープディングとバタフライケーキ、ロンドンのカップケーキを制作。
華やかな現在のイギリス菓子と 昔からある古いプディングの対照的なものたち。
見た目も楽しく、面白い会となっています。

P1450572

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1450571 P1450462

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飾り付けをするのは楽しいですね~
いろんなお菓子が出来上がります!

P1450568

 

 

 

 

 

 

産経新聞記者さんは 素敵な女性の方。
イギリス菓子をするきっかけや、イギリス菓子の魅力、
今までの教室のお話や
そしてこれからの事などなど。。
様々な質問を受け終了。

イギリス菓子の魅力をお伝えできるといいです♪

産経新聞取材140315

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2014年3月16日  11:32 PM |カテゴリー: 1.お知らせ&イベント

イギリスのお菓子とティールームをめぐる旅の後半、

ロンドンへ向かう途中に、イギリスの南部で最も大きいアウトレットセンター
BICESTER VILLAGEへ寄ります。

 

ここは、様々なメーカーが揃う大型のアウトレットで、
ロンドンでのお買い物は もう!できない!という安さです。

ここで、旅の皆様におすすめするのは、
イギリスの陶器やイギリスのキッチン用品等です。

信じられない価格で購入できたりするので、燃えます!
ウェッジウッドなど陶器の品揃えも豊富です。
そのままバスに運んで、最終日ロンドンのホテルから日系の宅配便で発送できます。
心おきなく~お買い物です♪

短時間でのショッピングタイムとなりますが、
バス移動でしか行けない所なので、ぜひ入れたかったのです!絶対、皆さま燃えますよう~
事前にウェブサイトでお店のチェックしてくださいね!!

私のおすすめを少し揚げます。

LE CREUSET   ココットなど格安!パイバードがあるときもあります、狙い目ですね。
Cath Kidson おなじみキャスが格安で!お土産にちょうどいいです。

WEDGEWOOD イギリスの陶器メーカーはいくつか入っていますが、ここのカトラリーやティーカップはいつも豊富。
やっぱり買ってしまいます。

JAMIE OLIVER’S これは新しいお店。ジェイミーの味を楽しめるようです。楽しみです!

LOCCITANE フランスの店ですが、お気に入りの品が安くかえるので、いつもまとめ買い!してしまいます。おすすめ!

 

やっぱりお買い物もしなくちゃ!ですね。

bisutabirejji

 

 

 

 

 

ツアーの詳細をブログにまとめています。
右のカテゴリーの「イギリス菓子とティールームをめぐる旅10日間」の欄をご覧下さい。
***************************

お気軽にお問い合わせ下さい。
tamao-sako@britishpudding.comから もしくは、

NHKの関連会社である日放ツーリスト(株) 〒150-0047 東京都渋谷区神山町4-14第三共同ビル
ツアー担当:赤羽(あかば)さま
電話:03-3481-7666 FAX:03-3481-7664

までお問い合わせください。

日放ツーリスト


3月20日締め切りとさせていただきますのでお早めにどうぞ♪


2014年3月
« 2月   4月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

facebook

フランス料理総合サイト FELICIMME(フェリスィム)

新刊書が発売されました!


「イギリスの家庭料理」

イギリス家庭料理の決定版。
2015年4月11日 世界文化社より発売。


「イギリスの菓子物語」

英国伝統菓子のレシピとストーリー。
2014年12月11日 マイナビ出版より発売。


「イギリスのお菓子教室ビスケットとスコーン」

イギリス焼き菓子の定番レシピ集。
2014年6月19日 講談社より発売。


「お茶の時間のイギリス菓子」

イギリス菓子80品のレシピと暮らしのコラムの本。
2013年10月3日 世界文化社より発売。


「ENGLANDティールームさんぽ」

ロンドン、コッツウォルズ等のティールーム38件を紹介。
2013年7月21日 双葉社より発売。
全国書店にて好評発売中。

Page Top