大阪住之江の洋菓子教室

ブログ

アクセスマップ

お問合せ

ホーム

コンセプト

レッスン

教室の流れ

英国菓子・欧州菓子ギャラリー

英国菓子年間メニュー

ニュース&メディア

概要

blog/diary

10月の英国菓子クラスは

アップルクランブルとファットラスカル

日本のりんごを使って、イギリスのいつものデザート
アップルくランブルを作ります。18cm1台お持ち帰り。

P1430372

P1430349

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二品目は、ノースヨーク地方の菓子、
ファットラスカル。紅茶と合う懐かしいおやつ。

 

10月紀行クラスは フィッシュパイ。
白身の魚をやさしく煮込み、マッシュポテトをのせて
焼き上げます。おいしいイギリスの家庭料理!
おうちの定番のひと品になること間違いなし!です。

18cmパイ皿1台お持ち帰り。

二品目あり。

P1250493

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英国クラス、紀行クラスともに
日程はHPカレンダーにアップしています。

8月31日20:00~よりご予約スタートです。

皆様のご参加お待ちしています♪

 

P1180326

 

 

 

 


2014年8月31日  7:18 PM |カテゴリー: 2.教室の日程

ジェネリーノ×ホンダカーズ大阪様よりお招きを頂き、

ユニバーサルスタジオジャパンへ。

特別エリアでのパーティーには、華やかにご活躍されている女性たちが揃い、
すばらしい出会いに感謝。

またホンダカーズ大阪様のUSJの納車センターを拝見し、
今までにない素敵な車との世界にうっとりしました。

USJもお車も 夢いっぱいです。

IMG_3961[1] IMG_3940[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3938[1]


2014年8月30日  6:16 PM |カテゴリー: 6.日々のくらし

6月に発売されたレシピ本「イギリスのお菓子教室ビスケットとスコーン」が、

全国学校図書館協議会選定図書に選ばれました!

 

学校関係各方面で図書を選定する際の参考とされるものだそうで、
広く多くの皆様に見ていただけるので大変嬉しいです。

 

これも書店で手にとってくださった皆様、
教室の生徒様方のおかげです。ありがとうございます。

 

ビスケットとスコーン表紙

 

イギリスを好き♪になる人がたくさん増えますように。
スコーンもビスケットも 簡単にできるイギリス焼き菓子です。

できたてを作って、素敵なティータイムを楽しんで下さいネ。

 

 

 

 


2014年8月26日  9:41 AM |カテゴリー: 1.お知らせ&イベント

「英国のクリスマスプディングのレッスン」

        ~一人一台お持ち帰り~

→  満席19名様となりました。有難うございました。当日お待ちしています。

新宿クリナップ・キッチンスタジオにて、
一日限りの英国菓子レッスンを開催することになりました。

 

皆様のご参加をお待ちしております。

P1070182

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レッスンの流れ

英国のクリスマスプディングを皆様と制作、その他ミンスパイ、スコーンのデモンストレーション、
試食を楽しんでいただきます。
(プディングの蒸し仕上げはご自宅で)


 メイソン&キャッシュのベイスンに入れてお持ち帰り!

日時   2014年11月20日木曜日

12:00~14:30  (受付11:45より)

場所   新宿キッチンタウン・クリナップ(新宿ショールーム)

〒160-0023東京都新宿区西新宿3-2-11 新宿三井ビルディング2号館 1F
[TEL] 03-3342-7775

http://www.cleanup.co.jp/showroom/info/kanto/shinjuku.shtml

定員     16名 (先着順)

お申し込み  英国菓子ブリティッシュプディングのホームページ申込みページより

レッスン料  5,500円

(下記振込先へお振込みにて予約確定。ご予約後10日以内にお願いします。)

お持ち物    エプロン、保冷剤、 筆記用具、必要な方はカメラ

 *お持ち帰りの菓子用の箱・袋はこちらでご用意します。

*当日製作の菓子のすべてのレシピをお渡しします。
*キャンセルについて

会場への材料搬入の為1週間前までにお願いします。指定口座へ返金します(お客様手数料負担)

主催 食を彩るサロネーゼDreamia サロン様、キッチンタウン・クリナップ様
こちらでも告知しています。

 

 

 


2014年8月24日  1:16 AM |カテゴリー: 1.お知らせ&イベント

10日間のツアー、最後の夜もアフタヌーンティ。
予約の時間は6時半。
ロンドンのドーチェスターホテルにて素敵な時間を過ごしました。

世界の王室を始め上流の顧客を多く持つドーチェスターは、
英国貴族の館をイメージし 天井も高く落ち着いた雰囲気。
ティーラウンジ、「プロムナード」に通されると
大昔のイギリスの世界に入り込んだよう。

P1480123

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょうどウィンブルドンテニスが開催されていた期間でしたので、
ドーチェスター、ウィンブルドンアフタヌーンティとなりました。

ドーチェスタープロムナード

IMG_3200 IMG_3195

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テニスラケットのマカロン
ウィンブルドンのローンコートを模したケーキ

P1480118 P1480131

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、この時期だけの特別サーブ ストロベリークリーム♪
ひとりづつオーダーした紅茶もずらりと並び、
飲み比べも貴重な体験でした。この数、ドーチェスターで飲めることはありませんもの。
大変勉強になりました。

P1480150 P1480176

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてそして、この日
なんと!私たちの中に お誕生日の方がいらっしゃり、ドーチェスターホテルより
バースデーケーキが運ばれてきました!
ピアノと声楽家のお歌と共に!!

プロムナードにいるゲストのみなさまの拍手と祝福をうけ、
キャンドルを消して♪
ドーチェスターでお誕生日、素敵です。

P1480166 P1480174

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素敵な時間の最後は、お持ち帰りの箱にケーキとスコーンを入れてもらって。
最後の夜も紅茶とお菓子で幸せ♪でした。

P1480178

 

 

 

 

 

 

 

 

ツアー最終日
朝一番にクロネコヤマトの方が集荷に来てくださり、
皆様の大切な大量荷物が一足先に出発しました。日本で会おうね!
IMG_3212 IMG_3215

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリス、さようなら
また来るね!

IMG_3233 IMG_3224

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

免税店
紅茶をたくさん買って。

そしてBAの機内。この機のパイロット&クルー全員からのバースデーカードとチョコレートを受け取って。
素敵な思い出ですね。うらやましい♪
イギリス人のサプライズ好きは素敵です。

IMG_3265 IMG_3277

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無事 成田到着。
みなさまお疲れ様でした!

素敵な幸せな10日間をありがとうございました。
イギリスが大好きな方々と 一緒に過ごした日々は、
本当に毎日しあわせでした。

みなさまにいつも温かいお言葉をかけて頂き、
助けていただきました。ありがとうございました。

P1480082

 

 

 

 

 

 

 

 

離れがたい成田でのお別れ。今も思い出します。

素敵なみなさまが私の大切な財産となりました。
このツアーに、そしてみなさまに感謝しております。

ありがとうございました。

 

 


2014年8月23日  10:34 AM |カテゴリー: 「イギリス菓子とティールームをめぐる10日間の旅」

ロンドンに戻ってきました。
旅も残りわずか、さあ元気にまいりましょう~~!
と到着したら、ちょうどF&Mがセール!!!!ではないですか!

なんて運が良いのでしょう~~~
みなさまのテンションも上がり、素敵な店内で楽しく過ごしました。

実は、コッツウォルズからロンドンへ入る途中で、アウトレットのビスタビレッジに寄りました!
それに次いでココもセール!って危険過ぎます。

IMG_3104

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3175 IMG_3160

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吹き抜けの螺旋階段が綺麗です。
セール!セール!の店内。

50%オフ~~~~ジャムや紅茶を大人買い。

IMG_3133 IMG_3135

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

銀器、食器類もセール!
おうちに連れて帰った方々も多かったですね!
一目惚れに会ってしまうフォートナムです。

IMG_3100 IMG_3102

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

圧巻のマーマレード&ジャム売り場。
ひときわすごいのがマーマレードの種類の多さ。
今年のアワードの受賞マーマレードが 商品化されていました。
ダブルゴールドを獲得したマーマレードです!この時期だけの限定品。

IMG_3118

 

IMG_3123

 

 

 

 

 

 

 

 

新しくできたデリ。
自分で選んで買うスタイル。今までより身近なフォートナムです。
ロンドンのスコーン!!!と、こちらはエクルズケーキ!
袋がいっぱいになってしまう~~~~~!

IMG_3139 IMG_3153

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思いもよらずのセール!のお買い物が終わって出ると、

ちょうど6時、おもてのからくり時計が動く時間です。
執事がティーポットとキャンドルをもって出てきてお客様をお出迎え。
毎時ちょうどの時間に会えます!

IMG_3113

 

IMG_3177

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外には、夏の風物詩ストロベリー&クリームのストゥールがでていました。
おいしそうな旬のブリティッシュストロベリーです!

IMG_3171 IMG_3169

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6時はまだまだ明るい。ロンドンの夜はこれからです。

 

 


2014年8月22日  8:50 PM |カテゴリー: 「イギリス菓子とティールームをめぐる10日間の旅」

コッツウォルズのスリーウェイズハウスでプディングクラブに潜入~~!!
みなさま覚悟は万全ですか??

夜7時にスタートするパーティー。
ウェルカムドリンクを頂きながら、ドレスアップしたゲストたちが続々と到着です。
この日は、満席の70名。

夏のパーティーなので、イギリス人のドレスは皆様華やか~で、あでやかに肌を出し素敵!
お庭で記念撮影をしてから、お席に揃いました。
イギリスはもとより、アメリカや私たち日本からなど海外からのゲストも多いこのパーティ。

ブリティッシュ プディングを楽しむぞ!とゲストの心意気を感じます。

P1470985

 

 

 

 

 

 

 

 

P1470914

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日のメニュー。
7種類のプディングたち、楽しみです。

結婚前の独身パーティの彼女たち、持ち込みの小道具が刺激的。
ご夫婦の参加、お友達同士、いろいろですが、席に着いたらプディングの話で盛り上がります。

P1470918 P1470920

 

 

 

 

 

 

 

さあ!!パーティのスタートです。
最初は、うやうやしくプディングの紹介と プディングパレード!!
一台づつ プディングたちがパレードして皆様の前に登場します!!

P1470939 P1470925

 

 

 

 

 

 

 

私たちの中からもおふたりが プディングパレードに選ばれました!!
大役です!!!
みなさまに 今日の主人公!プディングをお披露目、パレードしていきます!ブラボー!!

P1470943 P1470944

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうすぐ結婚するブライドガールも。
プディングが勢ぞろい!注目の瞬間です。

P1470949 P1470946

 

 

 

 

 

 

 

7種類全部が並ぶと圧巻です~~~!!
70名のお腹を満たすプディングですから、もう見ているだけで その迫力に夢見心地になりそう。

P1470966 IMG_3005

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プディングをジャッジするスコアカードに 点数をつけていきます。
今日のお気に入りを決めるのは難しい。

7種類全制覇!!!
ギプアップの方もちらほら。でも楽しいプディングクラブです。
最後に、今日のNO1のプディングに手を挙げて!

この日のNO1は、スティッキートフィープディングでした!!!
おいしかったもの。

P1470990 P1470997

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1480004 IMG_3044

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サーティフィケートも頂き、最高潮~~!!!
食べたプディング名がすべて書いてあります。
こんなに食べたのね!

終わったのは10時半すぎ。なんて素敵な時間だったでしょう。
本当に楽しいひとときでした。

イギリスのプディングってやっぱりおいしい!

IMG_3043

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また参加したいですね♪

 

 


コッツウォルズは、小さな村が点在しています。
車で回るのが一番快適。
村によって雰囲気も少しづつ異なり、それぞれに魅力的。
そしてどこへいっても、クックショップとアンティークショップ!

おじいさまたちがアイスクリームを待ってるのって カワイらしくてぱちり!

IMG_2916 IMG_2922

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バスに戻る度に、両手が荷物でいっぱい!
だって素敵なアンティークショップがたくさんあるのですから。
ああ、もっと買ってくればよかったな。。

IMG_2938 IMG_2947

 

 

 

 

 

 

 

 

地下にもアンティークがいっぱい。うもれてしまいそう。。
みなさま、宝物に出会った 歓喜!!!!の声があちこちから聞こえて、
それを聞いていると、ますますお買いものに燃える~~!!

IMG_2956 IMG_2962

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このスプーンはマスタード用、
これはおもてなし時にひとりづつテーブルに置いた塩用、
美しいシュガースプーンに ジャムスプーン。
レンジがない頃、あたたかくサーブするためにつかった湯がはれる食器、
執事がいたころのスタンド類

などなどイギリスの古いものは、その歴史や独立国の暮らしを表していて興味深い。
知れば知るほど楽しくなります。

 

村から村へ~

楽しいイギリスの田舎めぐりです。

IMG_2973 IMG_2987

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさまの団結はさらに強く!
旅の後半は、もう~盛り上がりに盛り上がりました。
まだまだ続きます~

 

IMG_2903IMG_2910


すばらしい設備と先生たち、一流の学校で学ぶイギリス菓子
つづきます♪

P1470842

 

 

 

 

 

 

 

 

田舎のスコーンがつぎつぎと焼きあがって。
良い香りが教室にただよいます。
見たことない程たっぷりのクロテッドクリームが添えられて。
歓声が起こりました~♪

P1470831

 

 

 

 

 

 

 

 

P1470848 P1470877

 

 

 

 

 

 

 

 

試食タイムは幸せ時間。
田舎の大きなスコーンと こちらも大きなビクトリアサンドイッチケーキ、
作ったフレッシュいちごのジャム、
そしておいしい紅茶とミルク。

どれも大きなサイズ~。でも皆様ちゃんと食べる!すごいです。
お土産に素敵なリネンのマットとジャムを頂きました♪

皆様、先生を思い出して、イギリスで学んだお菓子を日本で再現してくださいね!

P1470841

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名残惜しい学校を後にして、バスに乗り込みます。
今回のツアーのバスは、大変ゴージャスでした。
途中からはさらに豪華版!後方に大きなテーブル付きのサロンバス!!
3面大きなガラスに囲まれゆったりサロンで風景が大きく見えます。

マイクで次の場所の説明が終わったら、私もサロンに入れて~
食べ物が満載のテーブルでした。

P1470628

 

 

IMG_2781

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

流れる景色が大きい。イギリスの景色ひとりじめです。

IMG_2791

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に向かったのは スノーズヒル!
私たちが行く10日前に今年の開園となったばかり。日程を合わせていました。
どうしても皆様とごいっしょしたかったのです。

向かう途中は小雨。。到着したら雨が止み晴れ間も見えてきた!
本当に晴れの強運がついているツアーです。

IMG_2793 IMG_2820

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラベンダーが広がる丘。広大なラベンダー園です。
ラベンダーの鉢植え欲しい。
ショップでは、食用のラベンダーやオイルを買いました!これで作るのは。。。。。

IMG_2828 IMG_2841

 

 

 

 

 

 

 

こちら!
ラベンダーショートブレッドとラベンダースコーンです!!
ここへ来たら、これを食べなくては!!!

IMG_2829 IMG_2834

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2844

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ああ、お土産が増える増える。。♪

 


2014年8月21日  11:26 PM |カテゴリー: 「イギリス菓子とティールームをめぐる10日間の旅」

コッツウォルズのマナーハウスでイギリス菓子を学びました。
充実のすばらしい時間をみなさまといっしょに過ごせて幸せ。

 

P1470861

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんて素敵な空間なんでしょう!
息をのむ世界が広がっています。イギリスの古き良き豊かさを感じて。

お庭もすばらしく、夏の花々がお迎えしてくれました。

P1470642 P1470646

 

 

 

 

 

 

 

 

中に入ると、優雅な雰囲気と
最新のキッチン設備!!
ここでイギリス菓子を学びます!なんて贅沢なんでしょう。

P1470670 P1470680

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日のメニューは、
事前に日本からリクエストして特別に開催して頂いたものたち。

コッツウォルズの田舎のスコーン!!!大きな大きなほろほろっとした粉を味わうスコーンです!!
これに会いにここまで来たの~!

P1470727 P1470717

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当にほろほろです。たっぷりのクロテッドがいる!

P1470701 P1470712

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先生たちの手は止まらず、次はビクトリアサンドイッチケーキ!
ツアーの2日目に、この菓子の発祥の地ワイト島で食べたところ。
ジャムから作りました!凄すぎます。

P1470698 P1470743

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1470736 P1470766

 

 

 

 

 

 

 

プディングベイスンの山!
愛しいな~

皆様、とても熱心にメモを取り、レシピを読んで、先生の手をみていらっしゃいます。

まだまだ続きます~
ああ、書ききれない。

 


2014年8月
« 7月   9月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

facebook

フランス料理総合サイト FELICIMME(フェリスィム)

新刊書が発売されました!


「イギリスの家庭料理」

イギリス家庭料理の決定版。
2015年4月11日 世界文化社より発売。


「イギリスの菓子物語」

英国伝統菓子のレシピとストーリー。
2014年12月11日 マイナビ出版より発売。


「イギリスのお菓子教室ビスケットとスコーン」

イギリス焼き菓子の定番レシピ集。
2014年6月19日 講談社より発売。


「お茶の時間のイギリス菓子」

イギリス菓子80品のレシピと暮らしのコラムの本。
2013年10月3日 世界文化社より発売。


「ENGLANDティールームさんぽ」

ロンドン、コッツウォルズ等のティールーム38件を紹介。
2013年7月21日 双葉社より発売。
全国書店にて好評発売中。

Page Top