大阪住之江の洋菓子教室

ブログ

アクセスマップ

お問合せ

ホーム

コンセプト

レッスン

教室の流れ

英国菓子・欧州菓子ギャラリー

英国菓子年間メニュー

ニュース&メディア

概要

blog/diary

8月の英国菓子クラスの予約が
6月30日20時よりスタートです。

8月英国菓子クラス
メイズ・オブ・オナーと ボイルドケーキ

ヘンリー八世が愛したこのお菓子。
ロンドンキューガーデン前のティールーム、メイズオブオナーで現在も作られ続けています。

2品目は、ボイルドケーキ。
たっぷりのドライフルーツを、なんと!お鍋でことこと煮あげてから
生地に加えて焼き上げる面白いケーキ。

保冷剤とお持ち帰り用袋
お持ちください。

 

P1440013

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

**************************

3連日レッスン開催!
8月31日~9月2日まで 3日間連続レッスンを開催いたします。

8月31日は、8月の英国菓子クラス
9月1日は、スコーン3種
9月2日は、9月の英国菓子クラス

3日間連続ご予約の方優先。

遠方からの方々から要望が多かった連続レッスン。
英国菓子クラスの内容3か月分を3日間で受講できます。
もちろんサーティフィケート対象です。

1日、2日間連続でも予約可能ですが、
3日間連続の方を優先させて頂きます。

 

***************************

8月の紀行クラスは、日程の都合によりお休みとさせていただきます。
ご了承くださいませ。

 

 

***************************

満席が多くなっており申し訳ありません。
キャンセル待ちもお受けしております。
日程は、HPカレンダーにて。
お申し込みは、問い合わせフォームより。ご氏名をフルネームで、月日を必ず記入ください。

こちらからの返信のメールを3日以内に送ります。
返信メールがない場合は、送信事故の可能性があるので、お申し込みの再送願います。
また、返信可能なアドレスでお申し込み下さい。(メールが戻ってきて送信不可の事があります)

皆様のご参加をお待ちしております。

 


2015年6月30日  7:12 PM |カテゴリー: 2.教室の日程

京ぎをん「浜作」様にて 英国菓子教室を開催させて頂きます。

「浜作」様は、京都祇園にて最初の板前割烹として開店し、
創業以来八十有余年の歴史をもつお店です。
皇室を初め、川端康成、谷崎潤一郎などの文豪、
英国チャールズ皇太子や喜劇王チャップリン、グレースケリーなど海外の賓客もお食事を楽しまれました。

この浜作様の2階『サロン・ド・アンティディレッタント』にて、教室をさせて頂きます。

IMG_3911

「浜作」本店2階

英国菓子教室The British Puddingのレッスン。
◆日時 第四回 2015年7月20日(月・祝日海の日) 12時~14時30分

◆場所  京ぎをん「浜作」本店2階サロン『サロン・ド・アンティディレッタント』
◆内容
①砂古玉緒による【英国菓子】実習と試食
「英国菓子トレイベイクのプラムケーキ

浜作様 御丼の【ご昼食付】
③デザートとして当日製作の英国菓子をお召し上がり頂きます。(お持ち帰り有)

第一回クリスマスプディングの会の様子こちら

第二回キャロットケーキとジンジャービスケットの会の様子はこちら

 
浜作様HP  浜作様リンク 

◆受講料  10,800円(消費税込)
入会金  5,000円

◆お申込みは  浜作HPの申し込みページ、及びメール、お電話、または浜作ご来店の際に直接お申し込み下さいませ。

hamasakucookingschool@gmail.com宛 《件名:英国菓子教室》

◆定員  16名様(メニューにより各回変動)

お持ち物 保冷剤、保冷袋、エプロン、布巾、筆記用具、スリッパ、必要な方はカメラ。

IMG_8444[1]

 

 

  

 

 

 

 

 








皆様のご参加をお待ちしております。

 





第三回 サマープディングの会の様子。
IMG_7764

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_7763

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_7754

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浜作様にて

 

 

 

 

 

 

 






「浜作」ご主人森川裕之氏と。

この6月に「ぎをん丼手習帖」を世界文化社より出版されました。
前著の「和食の教科書」に続いての 新書となります。

ご著書の中のお丼が楽しめる このレッスンは、とても特別なものです。
毎回楽しみなお昼のお膳です。

ぜひご一緒に♪

 

 

 

 


  12:11 AM |カテゴリー: 1.お知らせ&イベント

Twiningsトワイニングのフェイスブックへ
毎月寄稿させていただいております。

今月は、先日「イギリス菓子と紅茶を巡る旅」で
ロンドンのトワイニング本店を訪ねた時の様子を書かせて頂きました。

Twinings facebook

本日アップされました。
ご覧いただけましたら嬉しいです。

 

 

 

 

 

 


2015年6月29日  11:10 PM |カテゴリー: 6.リンク

ロンドンのコベント・ガーデンにやってきました。
みなさま自由行動で、それぞれに好きなところへ~

 

ここは、いつきてもにぎやか。
ストリートアーティストやジャグリングもあるし。
音楽も聴ける。たのしい~時間が過ごせるところ。

 

P1510164

 

 

 

 

 

 

 

 

P1510154 P1510155

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1510166

 

 

 

 

 

 

 

 

P1510152 P1510150

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オペラや室内音楽も聴けるかも。

P1510153

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飛び立つ時間が迫ってきました!
またイギリスに来ることを約束して。

 

P1510171

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_8288

ヒースローへ向かうバスで、旅の思い出と感想をおひとりづつ。
皆様に助けられて、素敵な旅となりました。
感謝の気持ちでいっぱいです。

 

イギリスのお菓子と紅茶を巡る旅
スコットランド~ロンドンまで 縦断しました。
お天気に恵まれ、その土地それぞれにイギリスを深く感じるものがありました。

皆様にとって良い旅だったことを願いつつ。
ご参加頂きました皆様 ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 


2015年6月25日  3:03 AM |カテゴリー: 「2015イギリス菓子とティールームを巡る旅」

ロンドンのトワイニング本店

テムズ川からほど近い王立裁判所の斜め前にあるトワイニング本店。
2006年に創業300年を迎えここで営業を続けています。




店内は、奥深く両側に紅茶が並んでいます。
日本未発売のものもあるとか。英国王室御用達のトワイニングの紅茶を求めて多くの人が来ていました。

店の奥は博物館になっていて、紅茶の歴史を見ることができます。

またテイスティングコーナーもあって、
好きな紅茶を試飲できます。

今回は、トワイニングのダージリン春摘み ファースト・フラッシュを
試飲させて頂きました!

 

P1510106

 

 

 

 




 

 

P1510109

 

 

 

 

 

 

 

P1510113

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1510108

 

 

 

 

 

 

 

 

P1510116

 

 

 

 

 

 

 

P1510118

 

 

 

 

 

 

 

P1510121

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1510123

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1510125

 

 

 

 

 

 

 

P1510126

 

 

 

 

 

 

 

 

P1510134

 

 

 

 

 

 

 

 

P1510141

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1510145

 

 

 

 

 

 

 

 

P1510137

 

 

 

 

 

 

 

 

P1510147

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トワイニング本店
紅茶好きな方には とてもおすすめの場所です!

 

 

 

 

 

 

 

 


最終日。
今日の夕方にはヒースローを発つという最後のにもアフタヌーンティ!です。

BB Afternoon Tea

特別に 朝の時間にチャーターして、
貸し切りのダブルデッカーとなりました。

10:00スタート!
ロンドンアイの前から出発です!!

今日も快晴!お天気に恵まれるツアーです。

P1510001

 

 

 

 

 

 

 

 

P1510003

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




 

バスがやってきました~~~
真っ赤な古いタイプのダブルデッカー
ドアもないのです。


P1510011

 

 

 

 

 

 

 

 

P1510018

 

 

 

 

 

 

 






さあ乗り込んで!
2階に上がってアフタヌーンティパーティのはじまりです!!

テンションマックス!

 

タルト・カップケーキ・マカロン・シュークリーム・レモンメレンゲパイ
ミニバーガー・サンドイッチ・カナッペ

スコーンも後で出てきました!クロテッドはロダス。

紅茶は、滑り止め加工の特別カップで!
これがラブリーなので、購入して連れて帰ってきました~

 

P1510033

 

 

 

 

 

 

 

P1510020

 

 

 

 

 

 

 

 

P1510029

 

 

 

 

 

 

 

 

P1510045

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1510057

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

座ると紅茶とお菓子が出てきて!

テムズ川も見えてきました~~

外もみましょう~~

 

P1510077

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1510065 IMG_8278

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バッキンガムも見えてきました

衛兵交代もちょうど見えましたね。

 

 

P1510084

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1510089

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1510087

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_8273

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BBbasu

 

 

 

 

 

 

 

添乗員様お世話になりました。

 

 

 

ダブルデッカーでのアフタヌーンティは、
にぎやかに楽しくあっという間の1時間半でした。

ロンドン市内の観光もできて充実の時間。
おなかも気持ちもいっぱい幸せです♪

 

 

 




ピカデリーのF&Mに。
キッチン用品も豊富、食品も楽しみなフォートナム&メイソン。

IMG_8237

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 







 

マーマレード、ジャム売り場が一番好き。
重たいのに買ってしまう。。

 

IMG_8239

 

 

 

 

 

 

 

 







地階食品の野菜売り場で、
イギリスの根菜葉物野菜についてレクチャー。
買って帰りたいなあ。

 

 

 

 

 

IMG_8241

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_8242

 

 

 

 

 

 









 

スコーンや焼き菓子も
1個から自由に買えるのはウレシイ。

IMG_8243

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_8246

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 






 

お買い物をすませて外へ出て、
20時でもこの明るさ!
お天気が良いと1日が長いイギリスの6月です。

IMG_8249

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2015年6月24日  1:51 PM |カテゴリー: 「2015イギリス菓子とティールームを巡る旅」

ロンドンに戻ってメイフェアを中心に歩きます。


ヒギンス
王室御用達のここは、もとはコーヒー豆専門店。
紅茶も販売するようになりワラントを保持しています。


ちょうど訪ねた時は、店内工事中。
それでも営業しているところが すごいです。

P1500898

 

 

 

 

 

 

 

 

夏の紅茶を購入。
定番からフレーバーティまで、幅広い品ぞろえ。

P1500899

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 








「ENGLANDティールームさんぽ」でも書いています、
ウォレスコレクションとティールーム

P1500904

 

 

 

 

 

 

 

P1500908

 

 

 

 

 

 





吹き抜けの空間が気持ちいい!

P1500914

 

 

 

 

 

 

 

P1500913

 

 

 

 

 

 

 

P1500915

 

 

 

 

 

 

 

 

P1500909

 

 

 

 

 

 

 

 








メイフェアを歩く
ビートルズのアビーロードではありません~~

P1500919

 

 

 

 

 

 

 

 

P1500922

 

 

 

 

 

 

 

 

 





 

 

クスミティー
エマブリッジウォーター

 

P1500924

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1500925

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1500926

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナチュラル・キッチンでティー
スピナッチ・スクイーズを注文!
冷たくておいしいほうれん草、ポパイみたい。

 

フェイフェアは素敵なお店が軒を連ね
なかなか前に進めません。。

 

P1500936


日本でも有名になってきた
リッチモンドのピーターシャム・ナーサリーでランチ♪

緑の中でいただくイギリス料理と菓子。
素敵なティータイムとなりました。

P1500866

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レストランとティールームを併設するガーデンセンター
緑の植木や苗、種など売っているけれど、
それよりもおいしいものを求めてくる人がたくさん。

 

P1500892

 

 

 

 

 

 

 

 

P1500867

 

 

 

 

 

 

 

P1500871

 

 

 

 

 

 

 

 

焼き菓子のポーションが大きい!
おいしそうなものいっぱいで迷う。。

P1500875

 

 

 

 

 

 

 

P1500870

 

 

 

 

 

 

 

 

P1500894

 

 

 

 

 

 

 

 

パーティをここでする人も多い、
素敵な空間のピーターシャムです。
ロンドンからだけではなく、遠方からのゲストも多い。

P1500891

 

 

 

 

 

 

 

 

観光の1日に入れてみてください。

 

 

 

 


ロンドンの2日目は 早起き!してケンプトンアンティークマーケットへGO!!

月2回だけ開催されるケンプトンアンティークは、
ケンプトンレース場に 屋内700店、屋外はその3倍以上のストゥールが広がります。

6時半スタートでバイヤーが多く来るこのマーケットは、
家具などの大物をはじめありとあらゆるものが売られているのです。

 


快晴!
みなさま!用意はいいですか!
お買い物のコツもOKですか~!ひとめぼれに出会えますように!
それでは~~~Good Luck!

P1500828

 

 

 

 

 

 

 


 

 


 

製菓道具類もいっぱい!うれしい~~~!

P1500840

 

 

 

 

 

 

 

 





テーブルの下の箱から宝物を救出!!です。
素敵なものが隠れているんですよ~

 

P1500839 P1500821

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





快晴のレース場には、
時間を追うごとに人が増えていきます。
そして品物にはSOLDのステッカーが増えていく!

P1500844

 

 

 

 

 

 

 

 

 




 

屋外のマーケットは、本当にいろいろなものがあるので楽しい

P1500822

 

 

 

 

 

 

 

 





フランス語もよく耳にしました。
バイヤーは各国から。

P1500849

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バンの奥には、美しいレース場が広がっています。

P1500847

 

 

 

 

 

 

 

 

 




かわいい~~
お皿たくさん!
素敵なヴィンテージものが無造作に積み上げられていました。
このベルは、各部屋から執事を呼ぶためのもの。どこのお屋敷に掛かっていたのでしょう。。

P1500858 P1500850

 

 

 

 

 

 

 

 

 











 

地面も売り場。
足元にも気をつけて。

P1500859

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




 

素敵なトランクを持っていた彼女の首には、
救助用の浮き輪?!何に使うのでしょう~

P1500852 P1500851

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 







 

屋内は、小さなものが中心。
ここのオーナーさんには、イギリスの古い製菓道具について、いろいろ教えてもらいました。
古い古いカッティングボードにひとめぼれ♪
連れて帰ってきました~♪

P1500824

 

 

 

 

 

 

 

 




集合時間には、みなさま大荷物!
運命の出会いがたくさん!あったようです。

旅先で見つけるお品、
出会ってひとめぼれのもの、
大切にしたいもの、
思い出と一緒に連れてかえりましょう。

たくさんのひとめぼれは、重たい~~~
でもMr.Bob運転のバスが そばで待ってくれているから楽ちんでしたネ。


P1500865

 

 

 

 

 

 

 

 

 





まだまだ旅は続きます

ケンプトンアンティークマーケット


2015年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

facebook

フランス料理総合サイト FELICIMME(フェリスィム)

新刊書が発売されました!


「イギリスの家庭料理」

イギリス家庭料理の決定版。
2015年4月11日 世界文化社より発売。


「イギリスの菓子物語」

英国伝統菓子のレシピとストーリー。
2014年12月11日 マイナビ出版より発売。


「イギリスのお菓子教室ビスケットとスコーン」

イギリス焼き菓子の定番レシピ集。
2014年6月19日 講談社より発売。


「お茶の時間のイギリス菓子」

イギリス菓子80品のレシピと暮らしのコラムの本。
2013年10月3日 世界文化社より発売。


「ENGLANDティールームさんぽ」

ロンドン、コッツウォルズ等のティールーム38件を紹介。
2013年7月21日 双葉社より発売。
全国書店にて好評発売中。

Page Top