大阪住之江の洋菓子教室

ブログ

アクセスマップ

お問合せ

ホーム

コンセプト

レッスン

教室の流れ

英国菓子年間メニュー

ニュース&メディア

概要

blog/diary

 Woburn Abbey ウォーバンアビーは、アフタヌーンティー発祥の地。
とうとうやってきました!
お天気は快晴。広大な敷地をぬけて、ようやく到着。

P1500763

 

 

 

 

 

 

 

ここに住む第7代ベッドフォード侯爵夫人アンナ・マリアが、
おそい夕食の時間までの空腹を満たすために
16時ごろ自室にお茶と軽食を運ばせたのがアフタヌーンティのはじまりと言われています。

P1500769

 

 

 

 

 

 

 

 





館内は、残念ながら撮影禁止。

P1500771

 

 

 

 

 

 

 

 






マリア夫人の肖像画はとても美しくて惹きこまれました。
見学後には、ティールームでアフタヌーンティー!

P1500777 P1500790

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



やまもりのクロテッドクリーム‼
この量をみて、イギリスだなあと実感しました。

P1500800

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 






ウォーバンアビーのアフタヌーン・ティータイムです♪

P1500802

 

 

 

 

 

 

 

 

P1500807

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





さあ!一路ロンドンへ~

IMG_8222


2015年6月19日  3:28 PM |カテゴリー: 2015イギリス菓子とティールームを巡る旅

「マッサン」公式ホームページが
6月19日午後2時をもって、公開を終了します。

昨年2014年5月5日の俳優陣及びスタッフ全員の顔合わせからスタートし、
収録が始まりました。


砂古玉緒がスコットランド料理・菓子を制作指導の担当
をさせて頂きました。

玉山鉄二さん、シャーロットさん、多くの俳優の方々の中で、
スタッフの皆様と共にお仕事させて頂いたこと、本当に貴重な経験となりました。

緊張の連続の日々、昨日のことのようです。


HPの「マッサン」雑学1回目
では、

私の作りました クリスマスプディングにスポットを当てて頂き、
記事も書かせて頂きました。
「マッサン」雑学1

「マッサン」大阪の借家のセットにて

IMG_3600

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現場は、たくさんのカメラとコード。それをくぐるように 暗さで足元も見えない中
料理を運ぶのは大変でした。

IMG_3593

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3479

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エリーとマッサンの出会いとなった「運命のクリスマスプディング」
ゆびぬきを置いて、アップを撮影中。

製作した菓子を、こんなに丁寧にとって頂き、感激しました。

IMG_2291

 

 

 

 

 

 

 

 

美しいワンショットが出来上がった瞬間‼です。感謝です。

IMG_2290

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

収録したものの、放送がなかったクリスマスパーティー食事シーン。
ローストビーフ、ベイクドポテトなどなどごちそうが…

IMG_2282

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我孫子前にて
阪堺線に「マッサン電車」登場しました。

P1480438

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NHK「あさイチ」に出演。
自宅教室で収録中。

IMG_4636[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NHK大阪放送局

IMG_4310

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6043[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NHKホール マッサンファンミーティング
全国からの大勢のお客様!
いつもの俳優陣が遠いステージにいました。さすがの盛り上がり!

B7MayArCQAAstTR

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年新年局長会見にて
スコットランド料理を製作しました。手前はスコッチブロス、
クリスマスプディングも。

IMG_5960[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6011[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝の連続テレビ小説「マッサン」がスタートしてから、
イギリスが取り上げられる機会が増えたように思います。

イギリス好きな人が増えてくれると嬉しい。

「マッサン」大好きです。


  12:24 AM |カテゴリー: NHK朝の連続テレビ小説「マッサン」

ベイクウェルの町で偶然、朝のマーケットに遭遇。
とてもラッキー!

地元の人たちが買い物するマーケットは、
特にフードが見ごたえあります。
季節の特産品や 土地の食べ物・菓子がそろうのです!

 

 

P1500700

 

 

 

 

 

 

 

 

6月は、イギリスの短い夏の始まりの時期。
おいしい果物や野菜の種類が増える時で、品ぞろえが楽しいみ~~~

ブリティッシュストロベリーの6月!
ベリーの夏!
素敵すぎます!!

P1500705 P1500716

 

 

 

 

 

 
ケント州が有名なブリティッシュストロベリーで、イチゴの収穫は南部中心でしたが、
現在では、品種改良が進み イングランド全域で露地物が収穫されています。
ストロベリークリームが、6月下旬には街にあふれるでしょう。

さらに!短い期間にだけマーケットに姿をあらわす、ドーナツピーチ!
出会えて感激!
20個買ってみなさんと食べました~~

このドーナツピーチ、普通のピーチより甘みが強くおいしいのです。
種が大きく実の部分が少ないのですが、やっぱりおいしい。
イギリスでも好きな人多い 珍しい桃です。

P1500706 P1500705

 

 

 

 

 

 

 

 

ベイクウェルクランブル。
ベイクウェルタルトと同じフィリングに、粉とバターのクランブルをふりかけて焼いたもの。
イギリスは、どこへいってもクランブルもの!が必ずあります。

やっぱりチーズスコーン。
この地方はチーズもの多い。ジャムではなく、チェツネをそえていただきます。

P1500729 P1500710

 

 

 

 

 

 

 

 

オーツケーキとありますが、ヨークではパイクレットともよばれます。
オーツを細かく挽いた粉を溶いて薄く延ばして焼き上げたもの。
パンケーキのようなものです。この地方でよくみられる素朴な粉もの。

ショートブレッドをトレイベクで焼き上げてあります。
表面は、フォークで模様つけしてある家庭のショートブレッド。
新鮮で良質なバターで作る贅沢な焼きたてブレッドです。

P1500753 P1500730

 

 

 

 

 

 

 

 

フードの他にも
マーケットには生活必需品のストゥールもあります。

その中で、皆様がくぎつけになっていのは、アンティークのストゥール!
運命の出会いをして連れて帰った方も多かったようです!

旅先でのひとめぼれは、嬉しい♪

P1500703

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、ベイクウェルを出発です!
次のお菓子の街へ~~~~

P1500760

 

 

 

 

 

 

 

 

ピークディストリクトをバスで走ります~

この日も快晴!
お天気に恵まれるツアーです!

 

 


2015年6月15日  4:25 PM |カテゴリー: 2015イギリス菓子とティールームを巡る旅

国立公園ピークディストリクトにある小さなちいさな町ベイクウェル。
ここで生まれたベイクウェルプディングに会いにやってきました!

P1500655

 

 

 

 

 

 

 

ルートランドアームズホテル
ここで、主人から受け取ったレシピを シェフが手順を間違って作り、生まれたのがベイクウェルプディング!
そのホテルに泊まって、ベイクウェルの街を散策です。

P1500695

 

 

 

 

 

 

 

 

パフペイストリーにアーモンドパウダーと卵のフィリングを流しいれて焼き上げたプディング。
さくさく甘くて アーモンドのやさしい風味がおいしい。

IMG_8144 P1500676

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このちいさな町にベイクウェルプディングのお店がたくさんあります。
それぞれがオリジナルとうたっていて、食べ比べるのが楽しい。

P1500667

 

 

 

 

 

 

 

 

P1500689

 

 

 

 

 

 

 

 

あたたかいバードのカスタードソースをかけて、
クリームもいっしょに さあ!頂きます!!

ベイクウェルプディングは、お店によって少しづつ味が違います。
アニスを効かせたもの、ペイストリーにぬったジャムが多めのところ。。。

IMG_8181 IMG_8178

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベイクウェルタルトもあります。
こちらは、スライスアーモンドを散らしたもの、
アイシングでカバーしたものなどなど。。

P1500664

 

 

 

 

 

 

 

 

チーズスティックとエクルズケーキも。

P1500669

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_8176

 

 

 

 

 

 

 

 

川が流れるベイクウェルは、その美しさから、
イギリス人が多く訪れ、この町を起点にウォーキングやバイク自転車を家族で楽しみます。
ピークディストリクトの自然を楽しめる小さな町は、それしかないともいえるほど観光地化があまり進んでいない所。

私たちには、ベイクウェルプディングを食べる!という大目的があるのですけれどね!

 

 

IMG_8146

 

IMG_8187

 

 

 

 

 

 

 

 


アームズホテルの裏手には、教会があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_8170

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝のお散歩。
水鳥がたくさん
ウォーキングしている人たちは、フットパスを奥深く進んで消えていきます。
国立公園は、どこをみても美しい自然にあふれていて幸せ。

IMG_8150

 

 

 

 

 

 

 

 

 


前後しますがハロゲイトを少し。

高級保養地のハロゲイト。
温泉が出ることから、昔は病気治癒のため上流階級の保養地として有名でした。
広々とした街は、緑が多く配置され美しく保たれています。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1500608

 

 

 

 

 

 

 

 

Betty’sの本店があるのもここ。

P1500604

 

 

 

 

 

 

 

 

P1500565 P1500625

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファットラスカルとサマーリトルラスカル

P1500519

 

 

 

 

 

 
ベティーズのパイクレット
ガラスケースの中にも売られています。ぜひ数枚買って食べてみて!
たっぷりのバターをのせて。

P1500517

 

 

 

 

 

 

 

 

P1500570 P1500506

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベティーズのコーヒーもおいしいのです。

P1500569

 

 

 

 

 

 

 

ポテトケーキ類。
じゃがいもでお腹を満たした頃のなごりの一品。

P1500582 P1500614

 

 

 

 

 

 

 
ハロゲイトトフィー。この青缶は有名ですね。

P1500615 P1500601

 

 

 

 

 

 

 

 

シスター達は、今夜の劇場の女優さんたちでした。

 

 

 


2015年6月13日  12:38 AM |カテゴリー: 2015イギリス菓子とティールームを巡る旅,6.日々のくらし

ノースヨークシャーのレイバーンへ
ティーポタリーを訪ねて♪

The Teapottery

P1500420

 

 

 

 

 

 

 

 

快適なバスの旅。
荷物もおまかせ、美しい景色が広がる車窓は晴天です。

P1500434

 

 

 

 

 

 

 

 

ティーポットの工場へ到着!
ここティーポタリーでは、ひとつひとつ手作りで
装飾されたポットが作られています。

イギリスの様々なものがモチーフとされており、
コレクターも多いかわいらしいポットたち。

到着とともにみなさまの歓声が!
テンション上がります~~~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1500475P1500477

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1500436

 

 

 

 

 

 

 

 

P1500441

 

 

 

 

 

 

 

ポットの部品たちも
それだけでカワイイ‼
ミキシングボウルのケーン!こんなちっちゃかったら、何を混ぜるの??

P1500468 P1500438

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1500435

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1500444

 

 

 

 

 

 

 

 

リーズ出身の陶器職人が始めた会社で
1980年以降にポット専門になったティーポタリー。
現在では国外での人気が高くなりコレクターも世界にいるそう。

P1500479

 

 

 

 

 

 

 

 

P1500474

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
どのポットも本当にかわいいのです。迷う。。

P1500484

 

 

 

 

 

 

 

 

机に置いてあるのは、売り物ではなく
皆様の選んだポットたち!どんどん増えていきます~~
素敵なティーポット。

P1500482

 

 

 

 

 

 

 

 

一番人気はアーガのオーブン!
イギリスらしいですね~


2015年6月12日  10:35 PM |カテゴリー: 2015イギリス菓子とティールームを巡る旅

昨日無事帰国しました!
途中からパソコンの調子が悪くアップできなかったので、旅の続きをこれから綴ります。

スコットランドからヨークに到着。
ヨークは城壁に囲まれた中世の姿の残る街。
美しい街並みがあちこちにあります。

ヨーク大聖堂

York Minster

IMG_8096 IMG_8097

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1500547

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1500561

 

 

 

 

 

 

 

老舗ティールームのベティーズも寄って、
ファットラスカルと夏限定のサマーリトルラスカルも食べました!
フードマーケットも朝開かれていて、おいしい地元の料理がたくさん!

P1500503

IMG_8090 IMG_8095

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヨークから南へバスで2時間、
ウェンズディデイル地方のチーズ工場へ~

P1500395

 

 

 

 

 

 

 

チーズのデモンストレーション

P1500413

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20種類を超えるチーズの試食!
おいしいチーズがたくさん。地元のでのみ作られているものから、
英国全土で人気のクランベリーチーズなどなど。。

P1500401

 

 

 

 

 

 

 

小さな博物館も併設。
この地方のチーズの歴史がまとめられています。

P1500416

 

 

 

 

 

 

 

古い古いチーズ製作のための道具たち。
木製のプレス機や、こしきなどなど。見ているだけで楽しい~
ダウントンアビーに出てきそうな台所用品がたくさん展示されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1500415

 

 

 

 

 

 

 

 

P1500419

 

 

 

 

 

 

 

 

P1500417

 

 

 

 

 

 

 

良質の牧草が育つこの地方では、おいしいチーズが特産品。
ここで食べてもらいたかったのが、この
チーズスコーン!!!ジンジャーチーズケーキ!!です。

P1500392

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

濃厚なチーズの風味がたっぷりの菓子です。

P1500390


ウィスキーとタータン。
スコットランドの誇りです。

P1500289

 

 

 

 

 

 

 

ウィスキーエクスペリエンスでウィスキーのお話を。
マッサンの世界でした。

P1500285

 

 

 

 

 
ウィスキーの試飲。
土地によって味が大きく違うのです

P1500281

 

 

 

 

 

 

 

P1500294

 

 

 

 

 
スコットランドのウィスキーがそろっています。

P1500295

 

 

 

 

 

 

 

もうひとつのスコットランド
タータンチェック。
パターンの名前は複雑。

P1500297

 

 

 

 

 

 

 

P1500298

 

 

 

 

 

 

 

P1500303

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1500307

 

 

 

 

 

 

 

 

P1500311

 

 

 

 

 

 

 

 

P1500310

 

 

 

 

 

 

 

 

P1500308

 

 

 

 

 

 

 

P1500345

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パブでは、天気が良かったので外でビールを楽しんでいる人が夜遅くまで。
キルトを来た男性たち、上はサッカーのウェアなので、試合後の打ち上げかな。
ジューンブライド。6月のイギリスは結婚式が多い。
こちらもキルトスカートが。

P1500336 P1500322

 

 

 

 

 

 

 



今日買ったもの達。
ケルトの文様のセラミックポット敷。
スコットランドの国花あざみがいっぱい。
ポリッジを作るとき使うSpurtle の先もアザミの形です。
かわいらしいアザミのブローチにひとめぼれ!

Tinものは、もうやめる!と決めていたのに。。。
アーガのオーブンのビスケット缶‼‼‼コンロ上ではショートブレッドが焼かれているんですもの~
家に連れて帰ります!

ヒース、ハイランド、ウィスキーの紅茶。
スコットランドしか売っていませんね。

ティータオルは歴代王の年表は、スコットランド語の一覧などなど、
勉強になるのですよ~。

そして重たいのに買わずにおれない本達!
たくさん買ってしまった。。

ウィスキートディーがすぐ作れるパックも、
アザミのガラスのマドラー。これでステアしてウィスキー飲みたい。

P1500364 P1500363 P1500362 P1500361


2015年6月6日  10:03 AM |カテゴリー: 「イギリス菓子とティールームをめぐる10日間の旅」

快晴のエジンバラ。
先週まで寒くあられもふったそうなのですが、
今朝はお天気にめぐまれました。

最高気温13度。天気予報は 晴れ曇り雨。全部ですよ。。

エジンバラの街は美しく、
その歴史を聞きながら街を散策。

P1500199

 

 

 

 

 

 

ブルーバッジガイドのデドリクス雅美様のお話、
とても興味深く勉強になりました!

P1500211

 

 

 

 

 

 
エジンバラ城。
城の前には、8月から開催されるミリタリー・タトゥーのスタンドが建設途中。
場内撮影禁止が多いのですが、
運命の石も見ましたね!

P1500228

 

 

 

 

 

 

 

 

P1500245

 

 

 

 

 

 

 

P1500253

 

 

 

 

 

 

 

P1500251

 

 

 

 

 

 

 

エジンバラでこのお天気!この景色は、運が良かったですね。
場内のキャンティーンでランチ。
ガイドの雅美様おすすめの、こちらのスコーンおいしかったです!
田舎のスコーン。

菓子類の大きさがとても大きい!
これですね~~、イギリスに来たなあと思います!

P1500271 P1500275

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1500344

 

 

 

 

P1500270

 

 

 

 

 

 

 

 

P1500272

 

 

 

 

 

 

 

P1500342

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1500343

 

 

 

 

 

 
巨大なビスケット。イギリスサイズ!

手前はハギスを使ったパイ
マッシュポテトと、パースニップをやわらかくハギスとミックスしてありました。
とてもおいしい新しいタイプのハギス料理です。
P1500256

 

 

 

 



バグパイプの音が街に流れているのです。
マッサンを思い出してしまいました。
オープニングの最初はバグパイプで始まっていました。

 

P1500216P1500276

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エジンバラに昨年トラム!が開通したのです。
知らなかった‼‼‼
ピカピカのトラム。

P1500214

 

 

 

 

 

 

 

 

Scotish Engrishは難しい。強いなまりがあります。
お店や博物館の英語はまだしも、
町で地元の人同士で話しているのを聞くと、さっぱりわかりません。

紙幣も独自のものを使っているし、
言葉も独特です。

エジンバラ続きます~

 

 


イギリスツアー第一日目

伊丹空港8:10発~
羽田11:20発~ヒースローへ

良いお天気の出発となりました。
伊丹で集合の方、羽田で集合の方、
全員集合して空路ヒースローへ~
ロングフライト12時間です。

IMG_7988[1] IMG_7986[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

機内は満席。
ワインを頂き、好きな音楽映画など楽しんでいたら時間が早い。
夕食最後のハーゲンダッツで目が覚めて、お腹がすいていないのに軽食と続き、

そして人気のエアモス!モスバーガーのJAL特別版。
作り方のカードをみて、組み立てていきます。面白かったわ。でも食べきれない。。

IMG_7997[1]

 

 

 

 

 
ヒースローに到着後は、トランジットまでお買い物。
フォートナム&メイソンのカウンターでは、菓子から食事までお酒と一緒に。

IMG_8002[1] IMG_8003[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏のピムス!かわいい

IMG_8013[1]IMG_8006[1]

 

 

 

 

 

 

 

本も欲しいです~
これは旅の後半に。
ポンドでのお買い物。
ヒースローのターミナルは1~5まで。
広さも品ぞろえもそれぞれ違うので、ついお買い物してしまいます。

IMG_8023[1]

 

 

 

 

 

 

 
乗り換えてBAでエジンバラに到着したのは、
現地時間11時でした。
皆様おつかれさまでした。
夜景をバスで進みつつ、エジンバラ城目の前のホテルに到着です。

明日の天気はくもり。
イギリスらしい。

 

 

IMG_8029[1]


2015年6月5日  10:17 AM |カテゴリー: 「イギリス菓子とティールームをめぐる10日間の旅」
2015年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

facebook

フランス料理総合サイト FELICIMME(フェリスィム)

新刊書が発売されました!


「イギリスの家庭料理」

イギリス家庭料理の決定版。
2015年4月11日 世界文化社より発売。


「イギリスの菓子物語」

英国伝統菓子のレシピとストーリー。
2014年12月11日 マイナビ出版より発売。


「イギリスのお菓子教室ビスケットとスコーン」

イギリス焼き菓子の定番レシピ集。
2014年6月19日 講談社より発売。


「お茶の時間のイギリス菓子」

イギリス菓子80品のレシピと暮らしのコラムの本。
2013年10月3日 世界文化社より発売。


「ENGLANDティールームさんぽ」

ロンドン、コッツウォルズ等のティールーム38件を紹介。
2013年7月21日 双葉社より発売。
全国書店にて好評発売中。

Page Top