大阪住之江の洋菓子教室

ブログ

アクセスマップ

お問合せ

ホーム

コンセプト

レッスン

教室の流れ

英国菓子・欧州菓子ギャラリー

英国菓子年間メニュー

ニュース&メディア

概要

blog/diary

7月のレッスン
英国菓子クラス 
ウェリッシュケーキとクイーン・オブ・プディング


女王の名前を冠した古いプディングと
グリドルストーンで焼くウェールズのお菓子。
一人一台お持ち帰り。
保冷材お持ちください。

IMG_5334

 

 

 

 

 

 

 

紀行クラス
レモンドリズルケーキ
2品目あり


レモンの酸味がおいしい、しっとりとした焼きっぱなしのローフ型ケーキ。
ティールームで夏によく見かけます。

5月31日20時ご予約スタートです。
メニューが遅くなり申し訳ありませんでした。
皆様のご参加お待ちしております。

 

 

 

 

 


2016年5月31日  9:16 PM |カテゴリー: 2.教室の日程

5月に横浜元町ツヴィリング様にて

砂古玉緒のワンデイレッスンを開催しました。

この日のメニューはサンデーロースト!

ローストビーフ&ヨークシャープディング
そしてチョコレートのプディングに
英国人哀愁のライスプディング!

すぐにおうちでサンデーローストのおもてなしを
して頂ける盛りだくさんのメニューで。

ツヴィリング様のスタジオは、
機能的でスタイリッシュ。
いろいろなレッスンを行っていますので、
お近くの方ぜひ♪

ご参加頂きました皆様ありがとうございました。
英国料理と菓子作ってみて下さいね!

 

 

 

 

IMG_4661[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4666[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4652[1] IMG_4659[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4639[1] IMG_4640[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4663[1] IMG_4641[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4653[1] IMG_4650[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  1:18 PM |カテゴリー: 東京でのレッスン

Japan Today Newの取材を受け、
砂古玉緒の英国菓子・料理の活動が Newsとして紹介されました。



英国の菓子・料理を愛し探求し続けている。
教室・講演・書籍・テレビ等の製作などの活動が詳しく記事にされました。

とても光栄です。
大好きな英国のすばらしさをお伝えしたいと ひたすらに頑張ってきたひとつ一つです。



写真は、NHK朝ドラ「マッサン」のスタジオにて。
英国の料理と菓子を製作しました。






記事になります。
ご覧頂けましたら嬉しいです。



Sweet on British puddings: Baker and author brings a taste of her former home back to Japan ‹ Japan Today: Japan News and Discussion

Sweet on British puddings: Baker and author brings a taste of her former home back to Japan

Sweet on British puddings: Baker and author brings a taste of her former home back to Japan
Tamao Sako on the set of “Massan,” where she was an advisor.

TOKYO —

 

The art of British baking may be underappreciated in Japan but Tamao Sako is working hard to change that. And, while her passion for the UK’s sweets was sparked quite by chance — her husband’s posting to Wokingham in Berkshire — it runs deep.

Sako’s love affair began with a mince pie, presented by her new neighbours who, during countless teatimes over the next 10 years, introduced her to a wide range of traditional cakes.

“My impression had been that British baking was simple and brown—everything being cooked in the oven — while French sweets were white, with fresh cream and fruit”, Sako told BCCJ ACUMEN. “But I was wrong”.

“French sweets are famous in Japan but British sweets are not”, she added. “I want to tell Japanese people the story behind British sweets, and how to make them. There are so many, in such variety — tray bakes, biscuits, puddings to name a few—and the charm is that each one has an interesting history”.

Since she returned to Japan in 2012, the baker, author and teacher has been striving to achieve her goal through her blooming business, The British Pudding, in Osaka. Offering both baking and cookery lessons, many using the recipes of her Wokingham neighbours, the firm welcomes customers from Hokkaido to Kyushu, and classes are regularly fully booked.

“All my customers love the UK”, said Sako, adding that she wants to do all she can to provide opportunities for people to experience and enjoy British things.

Believing that books are one of the best ways to share information on British cuisine with the widest possible audience, Sako has written five, including one that introduces regional dishes and sweets from the length and breadth of the country. Some of these books have been translated, and published in China, Hong Kong, Singapore, Taiwan and South Korea.

It was reading one of these publications that prompted the producer of NHK drama “Massan” to bring Sako to the set as an advisor.

Running from September 2014 to March 2015, the popular programme was based on the real life story of Masataka Taketsuru who, in 1918, went to study in Scotland. He married Rita Cowan and, with her, returned to Japan. Through the characters Masaharu and Ellie, “Massan” explores this story and the couple’s efforts to set up a whisky distillery in Japan.

As the first NHK drama to have a British lead character, there were challenges, not least of which was how to make convincing the scenes of Ellie cooking traditional dishes from the UK.

On one occasion, explained Sako, Ellie was to cook a stew using lamb, but it could not be found; it had to be replaced with beef.

However, “Massan’s” Christmas scene did go as planned, thanks to Sako. She was on hand to give advice on authentic British details. In fact, the scene was adapted to incorporate additional information she provided.

Complete with coins buried inside, the Christmas pudding that Sako made was lit in the traditional way.

“After the episode, there were lots of calls to the show. I think it was the first time viewers had seen a Christmas pudding—and one that was on fire”, said Sako, adding that the staff were delighted with both the experience and the taste.

“When ‘Massan’ was on air, the UK, particularly Scotland and London, was often featured on TV”, she added. “That is continuing, which I am happy about”.

While in recent months there have been a number of events in Japan that introduced British food and drink, Sako said she wants to use these products as ingredients to bring UK cuisine to the wider population.

“There are so many British dishes that are not known at all”, she said, adding that she thinks if people were to try them, they would surely like them.

Recalling an occasion in Wokingham when she made a typical Japanese birthday cake with cream and strawberries for a party, she said she was surprised that no one, except her children and her Chinese friends, sampled it; everyone ate the iced one: “When they tried my cake, they said it was delicious. Maybe they just weren’t used to my kind of cake before, in the same way that I wasn’t used to British cakes before”.

According to Sako, overcoming this unfamiliarity of look and ingredients is key for people to enjoy something different.

“Not knowing the ingredients can be a major hurdle for people who want to make British cuisine”, she said. “But now we can find many of the ingredients in Japan”.

She sources many of the hard-to-find ingredients for her cookery classes from the Internet, and at events such as the annual British fair at the Hankyu Department Store’s Umeda branch in Osaka. She picks up her must-haves, including Bird’s custard and Coleman’s mustard powder, on her twice-yearly visits to the UK.

While there, Sako was moved by the use of old-fashioned equipment and the established habits that remain unchanged, unlike, she said, in Japan — where traditions are preserved only in certain places, such as Kyoto.

“Old things in the UK are loved, and I think that is great. A Welsh cake made on a griddle stone is delicious; a pie made with a pie bird is lovely; a pudding basin is passed down from generation to generation.

“Chain coffee shops and tearooms coexist, with older people gathering in tearooms every week. I think that will never end,” she added.

On her last trip, she embarked on a new and ambitious project to learn the secrets of making top-quality British produce for her sixth publication.

“I am planning to write a new recipe book that takes a journey around farms and manufacturing facilities in the UK to find more tasty food to introduce to Japan”, she said.

Sako visited a number of small, family-owned firms that make clotted cream, butter, jam and Cornish pasties.

“I think it is wonderful that in the UK, the size of the company does not matter to the sellers and the customers; it is the taste of their products that matters.

“In Japan, big companies are often the only winners”, she said. “In the UK, if the product tastes good it can be sent to be sold in places such as Fortnum & Mason in London, and it will receive a fair evaluation”.

Sako donned a white coat, hat and Wellington boots to tour the locations of the well-known brands, and was delighted with the welcome she received.

“In Japan, a craft is a secret for producers so these places are closed and you cannot learn how to make products such as these”, she said. “But the British people will teach anyone who really wants to learn their craft. I want to do this, too”.

Sako’s dream is to build on the success of her school in Osaka with a sister school in London, where British people can learn about the cakes that she creates.

Using the example of banoffee (banana and toffee), she explained that she wants to create new cakes — and new words — by fusing Japanese and English.

“I want my new word to bring Japanese and English together and last into the future”, she said. “I am grateful to have encountered the UK. I have fallen in love with the place”.

Custom Media publishes BCCJ ACUMEN for the British Chamber of Commerce in Japan.

By Kathryn Wortley for BCCJ ACUMEN

 

 

 

 

 

 


2016年5月4日  11:17 PM |カテゴリー: 1.お知らせ&イベント

世界文化社から出版の
「お茶の時間のイギリス菓子」が重版出来!となりました!

第5版!となります。
初版7000部発売が2013年10月でした。
それから皆様に愛され続け、重版を繰り返している砂古玉緒の英国菓子の本です。

韓国語、中国語(繁体)にも翻訳され、海外でも販売されています。
とても光栄なことで嬉しく思っております。

ひとえに皆様のおかげです。

教室の生徒の皆様、書店で手に取ってくださった読者の皆様、
本当にありがとうございます。





「お茶の時間のイギリス菓子
  ~伝統の味、地方の味

砂古玉緒 (著)
世界文化社|書籍・ムック

定価:1,620円
(本体1,500円)

B5判 128ページ

IMG_71101-e1430920991187-225x300[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_71141-e1430921213482[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0474

 

 

 

 

 

 

 

IMG_71131-e1430921130827-225x300[1]IMG_71111-300x225[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4529IMG_4531

 

 

 

 

 

 

 

 

P1430789 P1430788

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2016年5月3日  4:46 PM |カテゴリー: 書籍

今月のトワイニング様への記事は
英国夏の菓子イートン・メスです!ぜひご覧ください。

 

TWININGS Facebook

【英国の夏の菓子 イートン・メスでティータイムを】
桜も散り、春から夏にむかって暖かい日が多くなってきました。今回は、英国菓子の専門家・砂古玉緒さんからイートン・メスのレシピのご紹介です。
先日もご紹介したイートン・メスですが、より本格的に楽しみたい方にはこちらのレシピをオススメします。

英国も日に日に日が長くなり夏の季節が近づいているのを感じる頃です。
英国の夏は、ベリーの赤い色から始まります。英国産のイチゴが旬を迎える6月に、一番作られる菓子は、イートン・メス!といっても過言ではないでしょう。
名門のパブリックスクールのイートン校で生まれたイートン・メス。Messとは(乱雑な状態の意)。ざくざくと混ぜて作るのでメス!なのです。イチゴとメレンゲ、生クリームのハーモニーが絶妙です。フルーティーなレディ・グレイがおすすめです。
 

毎月トワイニング様へ記事を書いております。
フェイスブックへ遊びに来てくださいませ。

 


2016年5月2日  10:00 PM |カテゴリー: 1.お知らせ&イベント

砂古玉緒の英国アフタヌーンティレッスンを開催いたします。

サンドイッチ、スコーン、英国菓子の正統派伝統のアフタヌーンティを
プロジェクターでの概説、デモンストレーションで学びます。

おいしいスコーンの作り方のコツや 
伝統のプディングを作ります。
このレッスンを受けたら、すぐにご自宅でアフタヌーンティパーティーを開きたくなるかも。

英国紅茶と共に、アフタヌーンティを楽しんで頂きます。

皆様のご参加お待ちしております。

 

「砂古玉緒の英国菓子の魅力」
5月20日11:00~13:00

レッスン料 5,500円

詳細とお申し込みはこちら 

滋賀県長浜・黒壁
長浜アートセンター アミューゼ

**************************

レッスン後、ご希望の皆様と ランチをご一緒したいと思っております。
日本料理「ふじ石亭」にてランチ 2500円。
お申し込み時に同時にお知らせくださいませ。

 

美しい観光地の黒壁で、英国菓子レッスンと 懐石料理のランチ、
をたのしみませんか?

 

 

P1480175


2016年5月1日  1:37 PM |カテゴリー: 1.お知らせ&イベント

砂古玉緒の「ストウブで作る英国伝統菓子と料理」

満席となりました。ありがとうございます。
ご参加の皆様お待ちしております!

横浜元町ツヴィリング・キッチンスタジオにて
英国菓子料理のワンデイレッスンを開催いたします!
ストウブのお鍋を使ってデモンストレーション後、試食を楽しんで頂きます。

 

ローストビーフとヨークシャープディングで
英国のサンデーローストを自宅で楽しんでくださいね。

 

皆様のご参加お待ちしています‼‼

日時 5月14日 11:30~13:30

☆レッスン代 ¥10,000(税込)
☆10名様

 

場所 お申し込みはこちら ZWILLING Cooking Studio

ツヴィリング J.A. ヘンケルス横浜元町店 クッキングスタジオ
アクセス

  • 元町・中華街駅より徒歩3分。駅から近く通いやすい好立地です。
  • 〒231-0861 神奈川県横浜市中区元町2-93※駐車場、駐輪場のご用意はありません。
  • 申し込み先電話番号 045-228-7945

     

 

☆メニュー
*ローストビーフ
*ヨークシャープディング
*チョコレートプディング
*ライスプディング
*モルドワイン 

すべて STAUB (ストウブ)のお鍋  (16㎝ ココットでご飯    24㎝ Braiser  など)使って調理いたします。
大阪のル・ブランド・ルミエールにて開催の様子はこちら♪
staubgohans
 
 
IMG_4100
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


  12:50 PM |カテゴリー: 1.お知らせ&イベント
2016年5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

facebook

フランス料理総合サイト FELICIMME(フェリスィム)

新刊書が発売されました!


「イギリスの家庭料理」

イギリス家庭料理の決定版。
2015年4月11日 世界文化社より発売。


「イギリスの菓子物語」

英国伝統菓子のレシピとストーリー。
2014年12月11日 マイナビ出版より発売。


「イギリスのお菓子教室ビスケットとスコーン」

イギリス焼き菓子の定番レシピ集。
2014年6月19日 講談社より発売。


「お茶の時間のイギリス菓子」

イギリス菓子80品のレシピと暮らしのコラムの本。
2013年10月3日 世界文化社より発売。


「ENGLANDティールームさんぽ」

ロンドン、コッツウォルズ等のティールーム38件を紹介。
2013年7月21日 双葉社より発売。
全国書店にて好評発売中。

Page Top