大阪住之江の洋菓子教室

ブログ

アクセスマップ

お問合せ

ホーム

コンセプト

レッスン

教室の流れ

英国菓子・欧州菓子ギャラリー

英国菓子年間メニュー

ニュース&メディア

概要

blog/diary

10 月の教室

英国菓子クラス
アップルクランブルとファットラスカル
家庭菓子の決定版!クランブルと
ヨーク地方の伝統菓子ファットラスカルを作ります。
保冷材不要です。

 

 

8月31日20:00より 
10月レッスンのご予約スタートです。
(毎月月末20時に次次月の予約スタート)
 
日程は、HPカレンダーにて。
お申し込みは問い合わせフォームより。

ご氏名をフルネームで、
月日を必ず記入ください。

返信のメールを3日以内に送ります。
返信メールがない場合は、送信事故の可能性あります。
お申し込みの再送願います。

また、返信可能なアドレスでお申し込み下さい

IMG_0045


2016年8月29日  11:11 PM |カテゴリー: 2.教室の日程

京ぎをん「浜作」様にて 英国菓子教室を開催させて頂きます。

「浜作」様は、京都祇園にて最初の板前割烹として開店し、
創業以来八十有余年の歴史をもつお店です。
皇室を初め、川端康成、谷崎潤一郎などの文豪、
英国チャールズ皇太子や喜劇王チャップリン、グレースケリーなど
海外の賓客もお食事を楽しまれました。

この浜作様の2階『サロン・ド・アンティディレッタント』にて、教室をさせて頂きます。

IMG_3911

「浜作」本店2階

英国菓子教室The British Puddingのレッスン。
◆日時 2016年9月12日(月) 12時~14時30分

◆場所  京ぎをん「浜作」本店2階サロン『サロン・ド・アンティディレッタント』
◆内容
・砂古玉緒による【英国菓子】実習と試食

・浜作様 ご主人 森川氏による昼食付き

**英国アイルランドの菓子 ギネスケーキ

ギネスビールを使った伝統の菓子、
ギネスケーキを作ります。
2品目あり。

 

第一回クリスマスプディングの会の様子こちら

第二回キャロットケーキとジンジャービスケットの会の様子はこちら

浜作様HP浜作様リンク

◆受講料 10,800円(消費税込)
入会金  5,000円(砂古玉緒の教室の生徒様は入会金不要です)

 

◆定員  10名様(メニューにより各回変動)

TEL:075-561-0330

〒605-0825
京都市 東山区 祇園八坂鳥居前下ル 下河原町498

 

◎持ち物

エプロン、スリッパ、筆記用具、布巾、保冷剤、お持ち帰り用袋

 

◆お申込みは  下記アドレスへメール、お電話、または浜作ご来店の際に直接お申し込み下さいませ。
hamasakucookingschool@gmail.com宛に
件名【英国菓子教室】にてご連絡をお願い申し上げます。

 

 

 


2016年8月28日  12:30 AM |カテゴリー: ぎをん浜作・英国菓子教室

本日、英国菓子British Puddingの月1回のショップでした。

たくさんの皆様にきて頂き、完売となりました。
ありがとうございました。

ブリティッシュ・プディングの田舎のスコーン、ロンドンのスコーン
に加え、今月は焼き菓子シリーズ!
並べるとなかなか楽しい!!

バラ・ブリス、ギネスケーキ、ティーケーキ、ジンジャーケーキ、
フルーツケーキ。


ラーディーケーキ、チーズケーキ、リンゴのケーキ、
ブランデーケーキなどなど。


みなさま本当にありがとうございました!
次回は、9月18日10:00~15:00です♪

IMG_7291

 

 

 

 

 

 

 

IMG_7288 IMG_7286

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_7289 IMG_7294


  12:21 AM |カテゴリー: 不定期!Bake Shop Open!

今日発売の文芸春秋の「週刊文春」9月1日号
砂古玉緒のおすすめする英国の味が掲載されています!

「おいしい!私の取り寄せ便」という人気の連載コラムで、
砂古玉緒が 「ウェールズのチーズ、ゴールデン・ケナース」を紹介しています!

ウェールズには、大変おいしいチーズがたくさんありますが、
その中でも チャールズ皇太子もお気に入りと言われているこのチーズ、
王室の食卓にものぼる納得の味です。

日本でも購入ができるようになりました。
ウェールズの味をおとりよせして見てくださいませ。

 

IMG_7278[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_7277[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

文藝春秋「週刊文春」9月1日号
今日8月25日発売です。

SMAPの解散の記事が大きい。。


2016年8月25日  12:35 PM |カテゴリー: 1.お知らせ&イベント,書籍

砂古玉緒グルマン世界料理本大賞受賞祝賀会のつづきです。

「イギリスの家庭料理」のできるまでの
編集長のお話に続き、

今年の「砂古玉緒と行く英国の菓子とティールームをめぐる旅」
の様子を生徒様より。2014年から毎年行っている英国研修ツアーです。

お食事は、前菜~フィッシュ&チップス、
スコーン2種のクリームティ、10種のデザートバフェと進んでいきます。

 

次いで、砂古玉緒出題の英国フリーククイズ!
英国のおたくな内容のクイズの数々。難問ばかり~
10問全問正解者は、8名様。最後はじゃんけんとなりました。
1等賞の方には、

今年の英国フェアで出店する ベイクウェルプディングの店の
ティータオル!レシピ入りです。

 

さらに、
阪急うめだ英国フェア担当の桑原様より
2016年英国フェアのお話です。

今年の3月と6月の英国出張での様子を写真をみながら。
現地をまわり数々の品や食をみる忙しい毎日。
その大変さがよくわかります。
そして、ティールームをまわり、
菓子を食べる桑原氏&林氏の4コマのショットに
会場は大盛り上がり‼‼ 

本当に食して、本当に美味しいものたちが、
英国フェアに集まるのですね!

砂古玉緒がおすすめする、ベイクウェルプディングのお話も
たっぷり!楽しい桑原氏のお話でした。
今年の英国フェア、
この日の楽しいベイクウェルプディングの話を思い出しつつ
食べに来て下さいね!

 

 

最後に、本日のベストドレッサーの発表!
皆様とっても素敵で、英国の香りいっぱいのお姿。
その中で、参加者皆様の投票で一位となったのは、
スコットランド民族衣装の方でした!!
衣装の由来の説明大変勉強になりました。

 

会の終わりに、皆様よりお花と記念品を頂きました。
グルマン世界料理本大賞と私の名前を彫ったワイングラスとマッサンのお酒。
感謝と感動。
そして私からご挨拶させて頂きました。

皆様からあたたかいお言葉と気持ちをいっぱい頂き、
もう感謝の気持ちで胸がいっぱいとなりました。
お礼の言葉もみつかりません。

 

英国菓子を通じて、すばらしい皆様と出会うことができ、
また素敵な世界が広がりました。
ご縁がつむぐ新しい時間がまた生まれる気がします。

ひたすらに英国菓子を頑張ってきてよかった。
これからも皆様と一緒に、英国菓子の魅力を発信していきたいと思います。

どうぞ宜しくお願いします。

準備運営をして下さったビクトリア会の皆様
御礼申し上げます。素敵な会をありがとうございました。

 

 

 

DSC_0237

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0267

 

 

 

 

 

 

DSC_0553

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0410

DSC_0399

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0600

 

 

 

 

 

 

DSC_0591

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0583

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0620 DSC_0642

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0650

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0033 P1580276 P1580289 P1580328 P1580359 P1580363

 

DSC_0276

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0507

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0543

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0653 DSC_0682 DSC_0726

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  12:35 AM |カテゴリー: グルマン世界料理本大賞

グルマン世界料理本大賞2016
Foreign Cuisine 部門グランプリ受賞の祝賀会が、
8月20日ホテルセントレジス大阪で開催されました。

生徒の皆様をはじめ、お仕事でお世話になっている方々、
懐かしい友人達、95名の皆様にお集まり頂き本当にありがとうございました。
感激と感動と感謝の気持ちでいっぱいの一日となりました。
その様子をここに。
思い出しながらまた胸がいっぱいです。。

13時より開宴の前の 12時から受付。

ホワイエでサインボードにメッセージを。
Photoボードには、教室や英国ツアー、皆様とのイベントの写真がいっぱい。
今日のドレスコードは、Something British!英国のもの~です♪
皆様とっても素敵!

 

1時開宴
乾杯よりはじまり、
グルマン世界料理本大賞授賞式 中国煙台の報告。

そして「イギリスの家庭料理」世界文化社の
伊藤編集長による、メイキングストーリー。
本を作るってとても緻密で大変な作業の連続なのですね。

写真家石川様、フードスタイリスト原様、
アシスタント頂いた山口様・楠田様の一言も頂きました。

 

 

 

 

P1580378

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0021 DSC_0174

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0057

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0064 DSC_0023 DSC_0069

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0121

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0294

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0338

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0360 DSC_0357

 

 

 

 

 

 

DSC_0243

 

 

 

 

 

 

 

つづく。。


2016年8月24日  12:43 PM |カテゴリー: グルマン世界料理本大賞

グルマン世界料理本大賞授賞式では、
ワールド・ワインアワード部門もあり、3日目はこの授賞式。

まだまだリラックスモードで朝起きたら、
そうそうにワインテイスティングがスタート!
ここ煙台は 中国を代表するワインの生産地。
世界のワインも集まっています。
普段飲めないような、すばらしいワインが次々と出てきて、のみすぎた。。
はきだしがもったいなくて飲んでいました♪

ワインの次は、中国のお茶の勉強。
お茶の入れ方を中国語で教えて頂きながら、さっぱりわからず。
通訳さんが英語にしてくれてなんとか。
おいしい。楽しい!

そこで出会ったリトアニアの大使と意気投合!!

今度は、ノミニー著者達が集まるブックエリアへ~
世界からの本がずら~っと並ぶと圧巻!
海外の本は、ハードカバーで大きくて重量感がある。
カラフルなものが多く、価格も高いです。

レシピ本のみがこれだけ集まってるなんて!
私にとっては大興奮‼‼
料理、菓子もお国が違えばこんなに違う!

夕方からワインアワードの授賞式です。
今日はまだオーディエンスなのでリラックスして見てる。
発表のたびに大歓声。空にはドローン。

夜はやっぱり中華。
円卓には昨日と違う料理の数々。どれもとても美味しいのです!
外国人の皆様、お箸が上手。さすがフード人です。

毎日刺激的な勉強の日々。
まわりには、同じ興味を持った人たち。
自分の次の本の企画を 言い合いながら、お互いの感想を言う楽しさ。
友人もできた。

 

IMG_1768 IMG_5102

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1786

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1783

IMG_5073

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1804

IMG_1759

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1774

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1808

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1837

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_5119

 

IMG_1831

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_5125

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_5128

 

IMG_5124

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1838 IMG_5150

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4838

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2016年8月19日  3:08 PM |カテゴリー: グルマン世界料理本大賞

明日、グルマン世界料理本大賞グランプリの祝賀会。
生徒様より 会の開催のお申し出を頂き、
感謝と感激の気持ちでお受けすることに致しました。

お越しいただく生徒の皆様、仕事関係の方々
本当にありがとうございます。
明日お目にかかれるのを楽しみにしています。

 

グルマン世界料理本大賞の授賞式の模様を少しお知らせしようと思います。
2016年5月29日の授賞式に、会場の中国煙台へ26日から行ってきました。

 

関空から北京経由で煙台へ。
煙台は、葡萄畑が広がる美しい避暑地。
空港には、ヨーロッパ、アメリカ、アジア等世界からのノミナ―が降り立ちました。

お迎えのバスでホテルへ~。
前々夜祭は、中華のパーティ!

世界から集まった著者、編集者、出版社が
情報交換や本の紹介をして、食べるより出会いを楽しみました。
主催者コアントロー氏のお話も。調印式もありました。

聞こえる言語は、英語、フランス語、スペイン語の順に多かった。
フードのメディア関係者の集まりなので、食べる事!の話で
盛り上がる!興奮のパーティでした。

 

翌日は、なにやらノミナ―全員、バスで港に連れていかれ、
救命胴衣を着せられボートでいかだに到着。
ぷかぷか浮かぶ いかだで 海の幸を堪能!

フードスペシャリストの皆様、食に対する感想はストレートです!

街にでて、市場散策は楽しい!!
中華料理がいっぱい!
焼き鳥みたいのは、お菓子‼‼売り子さんに聞いても 中国わかんない。。
食べようかな~どうしようかな~と悩んで。。
やっぱり!食べる!
姫リンゴを串にさしあめがけした 美味しい菓子でした。

土地の菓子ははずせない!
初めての中国、未知の地 中国のスタートです!

 

グルマン世界料理本大賞グランプリ授賞式の模様 こちら

 

IMG_1589

 

IMG_1596

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1698

 

IMG_1699

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1706

IMG_1707

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1728

IMG_1711

 

IMG_1721

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1727

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1629

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1688

IMG_1694

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1670

P1570236

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  12:51 PM |カテゴリー: グルマン世界料理本大賞

The British Puddingの第一回目ショップが7月30日にオープン。
たくさんの皆様にきて頂き、好評のうちに終わりました。
ありがとうございました。

ブリティッシュ・プディングのいつもの英国菓子たち。
田舎のスコーン、ロンドンのスコーン、
ビスケット、キャロットケーキ、ビクトリア、スティッキートフィー、
ヨークシャーカードなどなど。

みなさま本当にありがとうございました!
次回は、8月27日10:00~15:00。
メニューは変わります♪

 

IMG_7054

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_7062

IMG_7057

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_7066

 

 

 

 

 

IMG_7069

 

 

 

 

 

IMG_7055

 

 

 


2016年8月2日  10:42 PM |カテゴリー: 不定期!Bake Shop Open!
2016年8月
« 7月   9月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

facebook

フランス料理総合サイト FELICIMME(フェリスィム)

新刊書が発売されました!


「イギリスの家庭料理」

イギリス家庭料理の決定版。
2015年4月11日 世界文化社より発売。


「イギリスの菓子物語」

英国伝統菓子のレシピとストーリー。
2014年12月11日 マイナビ出版より発売。


「イギリスのお菓子教室ビスケットとスコーン」

イギリス焼き菓子の定番レシピ集。
2014年6月19日 講談社より発売。


「お茶の時間のイギリス菓子」

イギリス菓子80品のレシピと暮らしのコラムの本。
2013年10月3日 世界文化社より発売。


「ENGLANDティールームさんぽ」

ロンドン、コッツウォルズ等のティールーム38件を紹介。
2013年7月21日 双葉社より発売。
全国書店にて好評発売中。

Page Top