大阪住之江の洋菓子教室

ブログ

アクセスマップ

お問合せ

ホーム

コンセプト

レッスン

教室の流れ

英国菓子・欧州菓子ギャラリー

英国菓子年間メニュー

ニュース&メディア

概要

blog/diary

11月教室のご案内

■英国クラス : レモンメレンゲパイ、 レモンカード

■紀行クラス : ベイクドパイナップルプディング +2品目

日程はカレンダーにてご確認ください。

受け付けは9月30日午後8時からです。 

レモンメレンゲパイ

レモンメレンゲパイ

ベイクドドパイナップルプディング

ベイクドドパイナップルプディング


2017年9月29日  1:05 AM |カテゴリー: 2.教室の日程

阪急英国フェア

ヴィクトリアスポンジケーキには、
バニラの香りのバタークリームと
たっぷりのラズベリージャムがサンドされます。

 

ヴィクトリア女王が好きだったラズベリージャム。

 

ケンジントン宮殿のヴィクトリアケーキは、
ワラントを持つチップトリーのラズベリージャムを使っています。

最高級のジャムです!

 

Tiptreeは、1885年エセックス州のチップトリー村でウィルキンソンファミリーによって作られ始めた老舗。
英国王ジョージ5世により英王室ワラント(英国王室御用達)を与えられ、

現在もエリザベス2世女王よりワラントを与えられています。

 

世界の70か国以上で愛されている イギリスを代表するジャムブランド。

私もチップトリーの工場へ伺い、その製品にかける熱い思いと老舗のすばらしさを実感しました。

そのチップトリーをたっぷり使ったケンジントンパレスのビクトリア。

とても英国の菓子!です。

21767966_983067201833857_2439003754608811289_n 22049891_983068348500409_2178607006358321522_n 22008286_983068418500402_1708531044186677833_n 22007476_983068171833760_5259583364177823855_n 22007654_983068288500415_194975399646879460_n 21768434_983068521833725_163315506915576637_n


2017年9月28日  10:16 AM |カテゴリー: 阪急うめだ英国フェア


One year on: BBA Impact on Entrepreneur Winner

Sept. 25, 2017

For Tamao Sako, winning a 2016 British Business Award (BBA) was the assurance she needed to transform her British baking business from a successful private venture to a company with growth potential.

Since picking up the title Entrepreneur of the Year she has set up The British Pudding Co. Ltd., secured contracts with some of the UK’s top organisations and written a new book. And she shows no signs of slowing down.

“The BBA gave me a stage and, with that, so many opportunities to do more,” Ms Sako told the BBCJ. “I realised that I had to take those chances and continue to work hard, doing my best. But I also came to understand that, going forward, I could do my work as a business rather than as a hobby, which is how I had been working to that point.”

Ms Sako’s business was born out of her love for British sweets, nurtured over 10 years spent enjoying elevenses and afternoon tea with her elderly neighbours in Berkshire. On returning to Osaka in 2012, she set out to introduce Japanese people to the best of the UK’s traditional cakes and biscuits through baking classes. Her extensive knowledge and infectious enthusiasm soon drew attendees from across Japan to her sell-out classes and she began expanding her offerings.

At the BBA she was recognised for her success as a Japanese expert on British baking and cuisine; her popular classes, blogs, TV show consultancy, and UK tours; and for receiving the 2016 Gourmand World Cookbook Grand Prix prize for her British cookbook. 

Describing the win as “such a big change” to her life, Ms Sako explained that doors have continued to open since the night of the BBA, almost one year ago.

 “I have won bigger projects and gained more work from corporates,” she said, adding that she has also been able to diversify her work. Now, she gives lectures, writes blogs and provides consultancy for fairs and so on.

Twinings Japan has secured Ms Sako as an ambassador, to raise awareness of the UK’s teatime culture on its Facebook page. Each month she describes a different British treat and how it may be enjoyed with Twinings tea.

Similarly, she is working with Wedgwood Japan to promote its range of English bone china as part of an authentic British teatime.

A promoter at the British Fair in the Hankyu Department Store Osaka’s Umeda branch, Ms Sako will this year team up with Kensington Palace as part of the fair’s 50th anniversary. On 11th-17th October, she will join pastry chefs from the palace to make and present Victoria sponge cakes to the crowds.

And, on 5th October, her new book British Country Pudding will be published by Kodansha.

 “These days, it’s rare to get a recipe book published because people are finding everything they need online but, as I got the Gourmand award and the BBA, I was invited to write this one,” she said. “I’m delighted that it will showcase delicious yet unknown sweets from rural areas, such as Snowdon Pudding and College Pudding.

 The book is particularly special for Ms Sako because it features recipes taught to her by one of her Berkshire neighbours, who passed away in August 2017. 

 “On my last visit, he gave me his recipes, which were so important to him. I want to continue introducing them to Japanese people. He gave me so much support and he was the happiest person of all that I had won a BBA,” she said.

 For Ms Sako, seeing her Entrepreneur of the Year award every day is the inspiration and recognition she needs to keep going even when times get tough. Despite high rents and the difficulty of finding premises from her base in Osaka, her next goal is to set up a baking school in central Tokyo.

 

Produced by Sterling Content for the BCCJ

 


  9:46 AM |カテゴリー: 1.お知らせ&イベント

ケンジントンパレスのテーブルウェアをご紹介します。

日本初登場!阪急英国フェアにて!

Kensington Palace The Orangery
で使われているテーブルウェア。
素敵なロイヤルブルーに女王の王冠があしらわれています。

そしてやっぱりブリティッシュローズ。
赤いバラと黄色のバラが、ゴールドリボンと一緒に周りを囲みます。
とても優雅で華やかなティーセット。

2段のスタンドとカップ&ソーサーとケーキ皿。
お揃いでパレスのアフタヌーンティ♪

ケンジントンパレス 
カップ&ソーサー 12,960円
ケーキ皿     8,640円
2段ケーキ皿   21,600円(すべて税込)
<英国製> 各10点限定

 

 

 

21767993_981734541967123_6224703484411178043_n 22045667_981734571967120_4220718612817483235_n 22007483_981734538633790_1182719009289340873_n


2017年9月25日  2:34 PM |カテゴリー: 阪急うめだ英国フェア

ROYAL PALACE TEA

ロイヤル パレス ティー

ケンジントンパレスの紅茶です。

宮殿のディティールをもとにデザインされた素敵な紅茶缶。
ブラックティーとグレープフルーツのブレンド。
ベースはアールグレイの茶葉を使用しており、黒褐色の茶葉から豊かなアロマが広がります。

水色は、少し赤みを帯びたダークブラウン。
優雅で深くやわらかな紅茶です。

阪急英国フェアにて限定発売です。
1缶 3,780円(税込)30サシェ入り
400缶限定

***************************************
阪急英国フェア
博多阪急  2017年10月4日(水)~8日(日)
阪急うめだ本店  10月11日(水)~17日(火)
最新情報はこちら
阪急うめだ英国フェアHP
http://www.hankyu-dept.co.jp/ho…/h/britishfair2017/food.html
Hankyu world fair
https://www.facebook.com/Hankyuworldfair/
****************************************

21765242_981711818636062_7966065570207654765_n

21768268_981711811969396_7317064982940340725_n

21765189_981719095302001_530991178432224399_n


  1:39 PM |カテゴリー: 阪急うめだ英国フェア

「英国の郷土菓子」〜ブリティッシュプディングのレシピブック

こんなお菓子見たことない!

 

英国の田舎に伝わる郷土菓子の数々。
読んで楽しい、作って美味しい。

わかりやすく、作りやすく

英国本場の味を家庭で再現できるよう!
作りました。

工程写真も多くしました。
完成写真は どれもあたたかい英国田舎が感じられます。

講談社のスタジオは、たくさんあってスタッフもいっぱい。

雑誌や動画も撮っています。

その中のキッチンスタジオを2回にわたり6日間も使って撮影して頂きました。

英国の郷土菓子を見て下さい。

全国書店、アマゾンで。

3

 

 

 

 

 

 

 

2456789101112131415161718

21617556_979444945529416_4703590850985143887_n


  1:01 PM |カテゴリー: 書籍

新しい本を書いておりました、とうとう校了!

「英国の郷土菓子」  砂古玉緒 講談社
    ~お茶を楽しむブリティッシュ・プディングのレシピブック
    

英国の各地の郷土菓子をまとめました。

古書をひもとき、今は作られていない菓子を再現したり、
古くからある伝統のプディングや 新しい菓子も。
はじめてきく名前の菓子も多いかもしれません。

英国菓子の発祥の歴史や由来を研究し、
すべて菓子レシピと共にご紹介しています。

英国菓子教室ブリティッシュプディングで作る菓子もたくさん。
製法別に郷土菓子を分け、伝統のスチームドプディング、
時代とともに移り変わる家庭のベイクドプディング、
季節のコールドプディング。
製法別の中にもさらに英国独自の道具グリドルストーンを使った古い菓子の章もあります。

そして、英国の暮らしの中で経験した不思議なことや素敵なことのコラム。
菓子の素材の話や、英国の季節のひとこま。
お話もぎっしり書いています。

今年の春からまとめ始め、

5月に2回の撮影、
6月の教室の英国研修ツアーの時も 
重い資料をトランクに詰め 夜ごと書き続け、
7月は睡眠時間3~4時間の日々でした。頑張りました。

英国の菓子は、4つの国ごとに特色があり、
菓子を知ることは、その土地の歴史や宗教暮らしや祭りも知ることだと思っています。

プディングを知って、英国をもっと好きになってもらえたら嬉しいです。

講談社の編集者様 カメラマン様 スタッフの皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。
教室の皆様、いつも応援して下さる皆様いつもありがとうございます。
皆様のお顔を思い浮かべながら書きました!

書店で見かけたら、ぜひ手に取って頂けたら幸せです。

アマゾン本で予約販売がスタートとなりました。
どうぞ宜しくお願い致します。

9784065091036**************************************
「英国の郷土菓子」砂古玉緒著 講談社
 大型本 80ページ 1,620円
 10月5日発売
 こちら↓より予約販売スタートしました。
 アマゾン本
**************************************


2017年9月19日  12:42 AM |カテゴリー: 1.お知らせ&イベント,書籍

 

阪急英国フェアで
ケンジントンパレスのヴィクトリアスポンジケーキを作りますが、
そのお菓子のお話を少し。

ヴィクトリアスポンジケーキは、サンドイッチケーキとも言われ
英国の菓子の中でもとても知られているもののひとつ。

スポンジ生地にジャムをサンドしたケーキで、シンプルかつおいしいお菓子。この菓子は、19世紀に英国をおさめたビクトリア女王(1819~1901年)の名前に由来します。ビクトリア女王は、現在の女王についで長い治世で64年間の在位を誇る女王。21歳の時にアルバート侯と出会い結婚し、その仲の睦まじさは 歴代のイギリス王室には珍しく、幸せな結婚生活でした。しかし、アルバート侯が1861年に病死してしまいます。その時ビクトリア女王はまだ42歳。悲しみは深く、喪に服しワイト島のオズボーンハウスにこもってしまいます。そして執事・女中にも黒衣を着させ、自らも黒衣のみを着る生活が10年あまり続きました。即位50周年の記念式典では黒衣でのぞみ、国民をがっかりさせたそうですが、60周年の記念式典では華やかなドレスと宝石で身を包み完全復活を表したそうです。その時のパーティーに出されたのが、女王の好きだったビクトリアサンドイッチケーキだったと言われています。女王の好物のラズベリーのジャムをスポンジでサンドしたこのケーキは、悲しみを癒してくれていたのかもしれません。
「イギリスの菓子物語」マイナビより~

現在でも、このケーキはイギリスの全土で愛され、ティールームでも定番の菓子。アフタヌーンティの3段スタンドの上段に、カットしたこのケーキがのせられていることもあります。

ケンジントン宮殿のオランジェリーでも、
一番上のお皿にヴィクトリアスポンジケーキがあります。

写真はオランジェリーのアフタヌーンティ

 

 

***************************************
阪急英国フェア
博多阪急  2017年10月4日(水)~8日(日)
阪急うめだ本店  10月11日(水)~17日(火)

最新情報はこちら
Hankyu world fair
阪急スタッフブログ

****************************************

 

 

33BCA7F9-13E7-4F45-83FC-5C5684D50C28

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2017年9月17日  11:41 PM |カテゴリー: 阪急うめだ英国フェア

阪急うめだ英国フェアにて
トークショーのお知らせです。
英国より帰国して4年半。4回目のトークショーになります。光栄です。

阪急うめだ9階祝祭広場

砂古玉緒による
「英国郷土菓子とビクトリアスポンジケーキ」
10月13日(金)15:00~16:00

英国にある、まだまだ知られていない地方の郷土菓子のお話や
ケンジントン宮殿のビクトリアスポンジの美味しさの秘密や
たくさんお話したいと思います!
直接皆様と会える機会なので、とても楽しみにしています!

お待ちしております。

 

 

阪急英国フェア
博多阪急  2017年10月4日(水)~8日(日)
阪急うめだ本店  10月11日(水)~17日(火)

170523sa007


2017年9月13日  10:11 PM |カテゴリー: 阪急うめだ英国フェア

阪急英国フェア2017

ケンジントン宮殿のビクトリアスポンジケーキ♪
と同時にパレスの紅茶も3種やってきます!

その一つをご紹介致します!

ケンジントンパレスのスーベニアショップに並ぶこの紅茶。
ROYAL PALACE TEA

宮殿のディティールを基にデザインしたパッケージ。
ブラックティーとグレープフルーツのブレンドです。
ブレンドのベースには、アールグレイの茶葉を使用しており、黒褐色の茶葉から、シトラスの香りがほのかにします。紅茶を淹れたときのカラーは、赤みを帯びたダークブラウン。優雅でやわらかい美味しい紅茶です。

Historic Royal Palaces Collection
から代表的なもののひとつのこの紅茶が英国フェアにやってきます。

ROYAL PALACE TEA (限定400個)
30袋入り

 

 

ヒストリック・ロイヤル・パレスは、英国王室の1000年に及ぶ長い歴史の中で培われた文化遺産を保全し啓蒙していくために創設されました。世界遺産にも登録されている
ロンドン塔、ハンプトンコート宮殿、バンケティングハウス宮殿、キューパレス、そしてケンジントン宮殿の5つの歴史的な宮殿を管理運営している所です。

IMG_8458IMG_2036

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

21230951_2046804578876888_8152872817969929774_n[1]


2017年9月12日  9:56 PM |カテゴリー: 阪急うめだ英国フェア
2017年9月
« 8月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

facebook

フランス料理総合サイト FELICIMME(フェリスィム)

新刊書が発売されました!


「イギリスの家庭料理」

イギリス家庭料理の決定版。
2015年4月11日 世界文化社より発売。


「イギリスの菓子物語」

英国伝統菓子のレシピとストーリー。
2014年12月11日 マイナビ出版より発売。


「イギリスのお菓子教室ビスケットとスコーン」

イギリス焼き菓子の定番レシピ集。
2014年6月19日 講談社より発売。


「お茶の時間のイギリス菓子」

イギリス菓子80品のレシピと暮らしのコラムの本。
2013年10月3日 世界文化社より発売。


「ENGLANDティールームさんぽ」

ロンドン、コッツウォルズ等のティールーム38件を紹介。
2013年7月21日 双葉社より発売。
全国書店にて好評発売中。

Page Top